NURO光のキャッシュバック キャンペーンの注意点を電話で確認しました

NURO光の代理店の勧誘・営業について

 

NURO光はテレビCMで見かける機会も増えてきましたが、サービスが開始してから年数が経過していない事もあり新規顧客開拓の勧誘電話が掛かって来ることがあります。

 

勧誘の電話は、So-netの利用者ならSo-netから。So-net以外のプロバイダを使っている方はNURO光の販売代理店が独自に電話勧誘の営業等を行っているようですので、電話営業が来た場合は代理店の可能性があります。

 

販売代理店の営業手法に関して

 

代理店の社名を明かさずNTTを装ってモデム交換などをフックに営業をかける等グレーな手法を使う代理店もあったようですが、2016年6月現在ではNURO光側が販売代理店の勧誘手法や営業トークの管理を徹底しているようで、グレーな営業は現在行われていないようです。

 

NURO光は私も使っていますので、使ってみて感じた事や、契約する前に私自身が集めた評判などはこちらにまとめました。NURO光 代理店を含む申し込み先別の口コミ・評判・特徴

 

 

NURO光の電話営業(勧誘)で契約して損はないのか?

 

まず前提として、NURO光はNTTの光回線を使っていますが、フレッツ光とは別のサービスですので、フレッツ光を解約してNUROを再契約する必要があります。ですので、フレッツ光を解約する際にフレッツ光とプロバイダの解約手数料がかかります。

 

そこがわかっていて、自宅のインターネット回線が遅く不満がある、そろそろ契約更新の時期という場合でも、他により良い条件で契約できる可能性があるため、その場で契約をせず、条件やキャンペーン等をよく考えてから契約するのがベターです。

 

代理店の営業イラスト

 

同じサービスでも、申し込み先によってキャンペーンや月額の無料期間など特に料金面で差があるのは、インターネットの新規契約の場面ではよくある事です。

 

また、代理店と契約をする際はトラブルが起こる可能性も考えて、契約する場合は契約内容を詳細まで確認しましょう。販売代理店を利用する際の注意点、確認点を実例を交えて説明

 

 

勧誘を受けた代理店以外の申し込み先も検討したい

 

前述の通り、電話営業(勧誘)があったとしても、一度よく考えてから契約する事に私はしています。

 

特に、代理店との契約となると、キャッシュバックに条件がついたり、
契約面で不透明な部分があったりで、しっかり話を詰めておかないと契約後にトラブルになる可能性が高いです。

 

また、私自身も複数社の代理店の営業を受け、その会社のホームページ等を確認しましたが、
電話営業で代理店と契約するより、正規プロバイダのSo-netのWEBサイトから契約した方が料金的にメリットが出る事がほとんどです。

 

So-netのネット申し込みの場合のキャンペーン

 

 

代理店のキャッシュバックの落とし穴

 

代理店の最大OO円キャッシュバックしますというのは、有料のオプション契約や、
他のサービスと同時に申し込んだ場合の金額となり、オプション料金等を差し引くとSo-netの公式サイトよりもキャッシュバック金額が少ない状況でした。

 

また、街角での勧誘も行われていますが、新宿駅で私が聞いた感じですと、
料金や契約期間は変わりませんが、キャッシュバック金額が2万円とSo-netの公式サイトから申し込むより1万円安かったです。

 

 

電話営業を聞いて契約を考えているなら

 

電話をしてきている法人名(代理店名)と代理店コードを確認しましょう。

 

特に代理店コードを聞いておけば、So-netの正規代理店かどうかを、So-netに問い合わせる事で簡単に確認ができますし、トラブルが起こり、代理店の対応が悪かった時などはSo-netに直接問い合わせる事ができます。

 

本家のSo-netではなく、代理店だった場合、
契約面でのトラブルが起こった際に、どこへ問い合わせをすればいいか等も明確にしておきましょう。

 

また、正規代理店以外との契約はリスクがありますので、私個人の意見ですがおすすめできません。また、正規代理店でもキャッシュバックの金額が過大に表記されていたり(満額もらうには有料のオプション契約が必要など)する事もあります。

 

特にインターネットの契約、解約になれていない方は、大手で安心感がある本家のSo-netから申し込む事をおすすめします。

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい

NURO光 キャンペーン画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック30,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。