NURO光 7階建てまでのマンションは戸建てプランを選びたい理由

7階建てまでのマンションは戸建てプランを選びたい3つの理由

 

NURO光には戸建てプランとマンションプランがありますが、7階建てまでの建物であれば一戸建てプランで加入可能です。

 

実際に、NURO光のコールセンターの方が言っていましたが、マンションに住んでいて一戸建てのプランに入る事ができるかの問い合わせが多いようです。

 

その理由は後で書きますが、私個人も話を聞いていて、特に世帯数の少ない集合住宅に住んでいるのであれば、戸建てプランでの加入を考えてもいいのかなと思いました。

 

1、戸建てプランとマンションプランの料金を比較

 

結論から言うとマンションプランの方が、戸建てプランより料金が安いです。NURO光は各種キャンペーンをつけるためには、2年間の継続利用が条件ですので、2年間(24ヶ月)利用時のトータルした料金を比較してみましょう。

 

戸建てプラン

  • 月額基本料金 4,743円
  • 工事費 40,000円(30ヶ月分割)
  • 契約事務手数料 3,000円
  • 合計 156,832円(24ヶ月)

 

ただし現在以下のキャンペーンが行われています。

 

キャンペーン適用後の金額は4,743円×24ヶ月+事務手数料3,000円-キャッシュバック3万円=合計86,832円(24ヶ月)です。

 

3万円キャッシュバックの詳細、受取の際の注意点

 

 

マンションプラン

 

マンションプランはマンション内での利用者数によって、月額の利用料金が2,500円〜1,900円の間で変動します。マンション内にそれほど利用者が多くなかったときのことを考え、ここでは一番金額が高い2,500円の場合で考えてみましょう。NURO光 マンション、アパート向けの料金や加入条件まとめ

 

  • 月額2,500円
  • 契約事務手数料 3,000円
  • 宅内工事費 費 40,000円(36ヶ月分割)
  • 合計 103,000円(24ヶ月)

 

ただし現在以下のキャンペーンが行われています

  • 10,000円キャッシュバック
  • 利用開始月の月額料金無料
  • 工事費相当の1,111円を毎月の料金から割引、工事費が実質無料

 

キャンペーンが適用されると57,500円(2,500円×23か月)+事務手数料3,000円-10,000円(キャッシュバック)=合計50,500円(24ヶ月)です。

 

ただしマンションプランの場合はマンション内に利用者が増えれば月額料金が安くなります。仮に10人以上の利用者がいた場合、毎月1,900円で利用することが可能であるため、キャンペーン適用時の24ヶ月分の料金は46,700円で済みます。

 

 

それでも戸建てプランがいいと感じた理由

 

値段だけ見ると驚くほど安いマンションプランですが、それでも戸建てプランをおすすめする理由は以下の通りです。

 

1、開通までに手間と時間がかかる可能性がある

 

まずマンションプランの場合、マンションにすでにNURO光の設備が導入されているかどうかを調べる必要があります。

 

こちらのページから検索が可能です。
https://nuro.jp/mansion/service/neworder/

 

現在住んでいる物件に設備が導入されていればそのまますんなり加入できるのですが、実際は設備が導入されている建物がそれほど多くないため、まずはマンションに設備を導入するところから始めなくてはいけないのです。

 

物件へNURO光の設備を導入するまでに時間がかかる事がある

 

NURO光のマンションタイプは、マンション内に4人以上の加入希望者がいなければマンションにNURO光の設備を入れることができません。エントリーフォームに入力して待つか、マンション内の他の住民に声をかけ、自分を含め4人以上の加入希望者が集まってから、マンションのオーナーや管理会社にNURO光の設備を導入するように希望を伝えるという段取りになるのです。

 

NURO光導入の交渉はソニーネットワークコミュニケーションズ(旧So-net)が行いますが、この交渉に時間がかかる場合があり、そうなるとすぐにNURO光の設備をアパートに導入する工事が実施できなくなります。

 

無事にマンションにNURO光の機器を取り付けることができたら、次に宅内工事を行い、そこで初めてNURO光が開通となります。

 

エントリーをしてから開通までに時間がかかるマンションタイプの開通を待つより(4人集まらなければずっと開通しません)、すぐにNURO光を使いたい方に取っては開通までの時間が早く、確実な戸建てプランを選んだ方がメリットがあるように思います。

 

2、工事費の分割支払期間が長い

 

マンションタイプの場合工事費の分割が36ヶ月と長期にわたり、それ以前に解約をすると残債額を一括払いで支払う必要があります。これは戸建てタイプも同じですが、戸建てタイプのほうが早いタイミングで支払いが完了します。

 

3、サービス提供終了や工事費の残額支払いの可能性がある

 

NURO光のマンションタイプで注意したいのが、仮に4人以上の加入希望者が集まり開通したとしても、移転や解約で利用者が4人を下回った場合、サービスの提供が停止される場合があります。

 

NURO光のマンションタイプは、マンションに設備を導入する工事で発生した工事費をHands-upというマンション内の任意団体で分割支払いしています。この支払額は毎月の利用料金の中に含まれています。

 

ところが4人を下回りサービスの提供が終了した際、工事費の分割代金が残っていると、残存している契約者で等分し、残りの工事費の支払いを行わなくてはいけないのです。入居している世帯が少ないマンションでは、このような思わぬサービス終了や出費を覚悟して利用しなくてはならないでしょう。

 

まとめ 個人的な所感

 

住んでいるマンションにすでにNURO光の設備が入っていれば、安い料金でそれほど待たずにサービスを利用開始できるため、もちろんマンションタイプで加入をすることをおすすめします。

 

しかしマンション内に設備がない場合、まず4人の加入希望者を募るところからスタートしなくてはいけないため、実際に設備が導入され開通するまで長い時間がかかってしまうことが予想されます。

 

7階建て以下の建物であれば戸建てタイプでの申し込みも可能なため、マンション内に設備がない場合は、戸建てタイプで申し込んだ方が諸々考えるとメリットがあるように感じます。

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい

NURO光 キャンペーン画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック30,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。