au光 ギガ得からNUROに乗り換える際の注意点

au光のギガ得プランからNURO光に乗り換える時の4つの注意点

 

auひかりの、ギガ得プランは月額5200円で上り下りともに最大1Gbpsの高速通信が可能な光ファイバーインターネットサービスです。対して、NURO光は月額4743円で利用することができ、下り最大2Gbpsで通信する事が可能です。

 

高速でネットができるので、動画を再生したりするのにも充分ですが、のNURO光と比べると料金が少し割高です。

 

このページでは、au光 ギガ得プランから、NURO光に乗り換えを考えたとしても少し注意すべき点があるのでまとめてみました。

 

1.工事費の残りに注意

 

au光 ギガ得プランは工事費が37,500円かかります。
ですが、工事費の37,500円を月々1250円にして、30回支払うというシステムになっており、月々の利用料から毎月1250円が割引されるので実質無料で工事をすることが可能です。

 

ただ、30ヵ月未満で途中解約した場合は、残りの工事費が1,250円×残りの月数分かかります。

 

また、ギガ得は工事費用とは別に、2年縛りの自動更新となっていますので、24ヶ月目、48ヶ月目以外(月額無料の月があった場合変わる)、解約手数料として9,500円かかります。

 

例えば、24ヶ月目に解約した場合、解約手数料は無料ですが、工事費の残り1,250円×6ヶ月分がかかります。逆に、31ヶ月目に解約した場合は、工事費の残額はありませんが、解約手数料として9,500円かかります。

 

解約のタイミングには注意しましょう。

 

 

2.NURO光にしても、それほど速度に差は出ない?

 

au光 ギガ得プランは最大1Gbpsの通信速度で、NURO光は2Gbpsの速度で通信する事ができます。一見すると、NURO光は2倍の速度で通信する事ができるように感じますが、体感速度はほとんど差が出ません。

 

そもそも下り1GBや2GBのスピードが必要な作業はほとんどないためです。
ただし、例えばデジカメで撮った写真や動画をダウンロードする際など、容量を食う作業をすると差が顕著に出ます。

 

また、現状ある無線ルーターもでも1Gbpsや2Gbpsの通信に対応しているハイスペックなモデルは少々値段がはってしまいます。

 

 

3.電話を契約している場合は注意

 

au光 ギガ得プランで電話サービスに加入している場合は注意が必要です。

 

電話番号の種類にもよりますが、元々NTTで使っていた番号をauに移している場合(ほとんどの方がそうですが)、電話番号自体はNUROの光電話に移す事ができます。

 

ただし、au光を解約するタイミングによっては電話番号が消滅してしまう可能性があります。ですので、au光(ギガ得)の解約手続きはは必ず、NURO光のインターネットと電話回線が開通し、番号を移した後にしてください。

 

 

4.auスマートバリューが使えなくなる

 

auのスマートフォンやiPhoneを持っていて、au光 ギガ得プランに加入している場合は、月額1410円安くなるauスマートバリューが適用されます。

 

ですがNURO光に乗り換えると、auスマートバリューが適用されなくなるので携帯代が高くなる可能性があります。

 

その代わり、NURO光はSoftBankのおうち割 光セットやホワイトコール24が使えるので、SoftBankのスマホやiPhoneを使っている場合は毎月最大2,000円の割引になります。

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい

NURO光 キャンペーン画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック30,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。