NURO光とイッツコム光を比較 それぞれのメリットデメリット
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光とケーブルテレビ回線(J:COM、イッツコム)の比較

 

ケーブルテレビのネット回線は光ハイブリッド

 

J:COMやイッツコムなどのネットを契約するためには、CS放送やBS放送の契約が必要だと思っている方も多いですが、実際はネットだけの契約も可能です。

 

CATVの場合、フレッツ光やNURO光などの光回線と違い、ケーブルテレビでは光ハイブリッドという形式です。光ハイブリッドとは、電線までは光ファイバー線、電線から自宅まではと同軸ケーブルでつないで伝送する方法です。この光ハイブリッド方式ですと、光ファイバーを使った光回線より速度が落ちやすい特徴があります。光ハイブリッドの流合雑音について

 

ただし、ケーブルテレビにはネット速度以外のメリットがあります。私自身もイッツコムとNURO光どちらを選ぶか悩んだことがありますので、その時の事などを踏まえつつ、ケーブルテレビのネット回線とNURO光を比べてみました。

 

 

ケーブルテレビの速度

 

一般的に、光ハイブリッド方式では光方式よりも速度が遅くなる傾向にあります。同軸ケーブルよりも光ファイバーの方が伝達速度は速いため、光ハイブリッドでは同軸ケーブルを使用している区間が長ければ長いほど、光ファイバーのみで伝送される光回線に比べて遅くなるのです。

 

さらに、光ハイブリッドではネットワークの共有数も異なります。インターネットに繋ぐ線は、ひとつの回線から各家庭に枝分かれして届けられています。光回線では最大32分岐となっていますが、ケーブルテレビでは数十〜数百単位の世帯に分岐していると言われています。

 

これにより、多くの人がインターネットに接続する時間帯では、さらに速度が低下しやすくなっているのです。

 

NURO光では下り最大2Gbps、上り最大1Gbpsという速度が魅力ですが、ケーブルテレビではどうなのでしょうか。J:COMとイッツコムの速度をそれぞれ比較してみます。

 

イッツコムひかりとNURO光を比較

イッツコムひかりとは?

 

イッツコムひかりは、東京都神奈川にまたがる東急沿線で事業を展開しているケーブルテレビ局「イッツ・コミュニケーションズ」が提供している光回線のインターネットサービスです。光回線のほかにケーブルテレビ回線を利用したインターネット事業も展開しているため、混同しないよう注意してください。

 

1、NURO光とイッツコムを速度で比較

 

NURO光とイッツコムが各定番プランで公称している最大通信速度は以下のとおりです。

 

キャリア

戸建てプラン

マンションプラン

NURO光

2Gbps

2Gbps

イッツコムひかり

2Gbps

600Mbps

 

戸建てプランについては、どちらも最大通信速度は変わりません。2Gbpsという国内トップクラスの速度を誇っています。マンションプランについては、NURO光は戸建てと同じですが、イッツコムは大きく速度が下がります。

 

集合住宅で早いインターネットサービスを探している場合にはNURO光の方がおすすめです。

 

2、NURO光とイッツコムひかりを戸建てプランの料金で比較

 

NURO光とイッツコムひかり、それぞれの戸建て向け2年契約の基本月額料金について比較してみます。

 

<戸建てプラン料金比較(2年契約)>

 

コース(通信速度) イッツコムひかり NURO光
2ギガ 6,200円 4,743円
1ギガ 5,700円
300メガ 5,200円

 

どちらもプロバイダ一体型の契約となるため、別途プロバイダ料は発生することはありません。

 

同じ通信速度のプランで比較するとNURO光の利用料金は、イッツコムひかりより1,500円ほど低く設定されています。通信速度の落ちる下位プランと比べてもNURO光の方が低価格で利用できることがわかります。

 

利用する方はほとんどいないと思いますが、年数契約がないプランについても、NURO光の方が安くなっています。ただ、イッツコムひかりの1ギガ以下のコースであればNURO光よりも安くなっている点が異なります。

 

マンションプランの料金で比較

 

NURO光には計画期間がフリーのプランがありませんので、2年契約プランのみで比較したいと思います。

 

<マンションプラン料金比較(2年契約)>

コース(通信速度) イッツコムひかり NURO光
2ギガ 1,900〜2,500円
600メガ 4,300円
300メガ 3,800円
30メガ 3,200円  

 

NURO光のマンションプランは、建物内の利用者数によって月額料金が変わるシステムとなっており、最小人数で2,500円、10世帯以上の利用で1,900円となります。

 

とはいえ、最大金額の2,500円でもイッツコムひかりよりも1,800円安い上に通信速度も圧倒的に早いため、単純にマンションプラン同士で比較した場合はNURO光の方がおすすめできると言えます。

 

NURO光マンションプランは条件が厳しい

 

速度と価格で優れるNURO光のマンションプランですが、建物内に利用者が4人以上いなければならないという厳しい条件があります。

 

まだマンションプランが適用されていない住宅については導入の難度が高いため、戸建てプランの方が適用される可能性が高いです。したがって、NURO光の戸建てプランとイッツコムひかりのマンションプランを比較した方が良いかもしれません。

 

イッツコムひかりのオプションやキャンペーンは?

 

インターネットサービスは回線の質や料金だけでなく、付帯サービスや特典も重要なポイントです。イッツコムひかりでは以下のサービスが標準または有料で付帯することができます。

 

サービス名 月額料金
ホームWi-Fi 無料(標準搭載)
IPアドレス種別選択 無料
メールウイルスチェック 無料
迷惑メールチェック 無料
メールアドレスの追加 1つあたり300円
webフィルタリング パソコン1台につき200円
シマンテックオンラインサービス 570円
ノートン360 オンライン  
シマンテックオンラインサービス 490円
ノートンインターネットセキュリティオンライン  
みるプラス(動画配信サービス) 933円

 

 

メールは特にウイルスが紛れ込みやすいため、無料でチェック機能が付いているのはうれしい点です。

 

イッツコムではキャンペーンは実施していない

 

NURO光では初年度割引や現金キャッシュバックなどの加入者向けキャンペーンを実施していますが、残念ながらイッツコムひかりではそういった特典は用意されていません。特典がないとなんだか損した気分になる、という人は注意が必要です。

 

イッツコムひかりの評判をチェック

 

速度が遅い

 

600メガコースということで、おそらくマンションプランかと思われますが、最大速度が小さいと混雑時にはその影響も大きくなります。戸建てプランなら2ギガを選択した方が確実でしょう。

 

アップロード速度が遅い

 

 

イッツコムひかりは、戸建て300メガコースの上り速度が100Mbps、マンション600メガコースの上り速度が90Mbpsなどアップロードの速度が極端に遅いのが難点です。容量の大きなデータをアップロードする機会の多い人は特に注意が必要です。

 

結論:基本的にはNURO光がおすすめ

 

コストパフォーマンスで考えるならばNURO光の方が圧倒的に優れていると言えます。戸建てで同じ2ギガのコースであれば1,500円以上も安く利用でき、イッツコムひかりのマンションプラン600メガコースとも大差ない料金となっています。

 

また、同じマンションプランでの比較ならイッツコムひかりの半額近い値段で倍以上の通信速度を期待できるのです。したがって、イッツコムひかりのテレビサービスを利用していて光回線とのパックコースを利用したいなどの理由がない限りは、NURO光を選ぶのが最良の選択といえるでしょう。

 

 

J:COMの速度

 

J:COMでは、速度によって4つのプランが設けられています。それぞれのコースの速度は以下のようになっています。

  • 320Mコース 下り最大320Mbps 上り最大10Mbps
  • 120Mコース 下り最大120Mbps 上り最大10Mbps
  • 12Mコース 下り最大12Mbps 上り最大2Mbps
  • 1Mコース 下り最大1Mbps 上り最大512Kbps

 

この4つのコースがJ:COMが提供する光ハイブリッドのインターネット回線です。この速度は理論上の最大数値なので、各家庭の環境によって速度は下がります。分岐が多い光ハイブリッドでは、ピーク時はさらに遅くなるでしょう。実際にネット上のJ:COMのクチコミ情報では、速度に対する不満が多く見られています。

 

私の実家は J:COMの320Mbpsですが、速度はWi-Fi接続ですが100Mbps出る事はありません。それは構わないのですが、J:COMはWi-Fi接続をした際に断線が多いと個人的には感じています。

 

これは光ハイブリッドを利用したこれらのインターネットサービスですが、J:COMではこのほかに、「光1Gコース on auひかり」という光回線を使ったサービスも提供しています。こちらは光ハイブリッドではなく、光ファイバーのみの回線です。

 

ケーブルテレビの接続には同軸ケーブルを使い、インターネットの接続には光ケーブルを使う方式で、上下ともに最大1Gbpsという速度となっています。ただ、速度を重視するのであればNURO光の方が・・と私は感じました。

 

 

イッツコムの速度

 

イッツコムでも、速度ごとに4つのプランが用意されています。

 

  • かっとびメガ160 下り最大160Mbps 上り最大10Mbps
  • かっとびワイド 下り最大30Mbps 上り最大3Mbps
  • かっとびプラス 下り最大8Mbps 上り最大256Kbps
  • かっとびジャスト 下り最大1Mbps 上り最大128Kbps

 

 

それぞれのプランはこのような速度となっています。J:COMに比べ、理論上の速度は遅いです。イッツコムは7年前に使っていましたが、当時のフレッツ光(100Mbps)より速度が出ていたように記憶しています。

 

最近では、イッツコムも光ハイブリッドだけでなく、光回線を利用した「イッツコムひかり」というサービスを行っています。こちらも4つのコースに分かれていて、速度は以下の通りになっています。

 

  • 2ギガコース 下り最大2Gbps 上り最大1Gbps
  • 1ギガコース 下り最大1Gbps 上り最大1Gbps
  • 300メガコース 下り最大300Mbps 上り最大100Mbps
  • 30メガコース 下り最大30Mbps 上り最大10Mbps

 

こちらはJ:COMよりも速いコースが提供されています。2ギガコースでは、ベストエフォート値でNURO光同等の速さとです。

 

ただし、関東の光回線の実測ではNURO光が2年連続で1位になっているところを見ると、速度はNURO光に軍配が上がります。NURO光の実際の速度を自分で検証&調査機関のデータを分析した結果

 

 

ケーブルテレビのインターネット料金

 

NURO光では、回線使用料やプロパイダ料などを含めて、月額基本料金は4,743円です。NURO光を2年間使った際の月額料金

 

 

 

イッツコムの料金

 

イッツコムでも、料金は速度ごとのプランによって決められています。

  • かっとびメガ160 月額6,000円
  • かっとびワイド 月額4,600円
  • かっとびプラス 月額3,200円
  • かっとびジャスト 月額1,700円

 

こちらは速度あたりの料金に直すと、J:COMよりも高い設定となっています。続いて、イッツコムひかりの料金を見ていきましょう。

  • 2ギガコース 月額7,500円
  • 1ギガコース 月額7,000円
  • 300メガコース 月額6,500円
  • 30メガコース 月額4,600円

 

 

 

 

ケーブルテレビのデメリット

 

光ハイブリッドの流合雑音

 

ケーブルテレビのインターネットを利用する上で、避けて通れないのが流合雑音についてです。流合雑音とは、同軸ケーブルを使ったインターネット回線で上り方向にノイズが発生することです。

 

このノイズは電化製品の影響や、雷などの天候によって発生します。ケーブルテレビでは数百という多数の世帯に分岐してネットワークを共有していますので、各家庭で発生した小さなノイズでも、上り方向へ集まると大きく通信を阻害するおそれがあるのです。

 

このノイズはNURO光など自宅まで全て光ファイバーでつないでいる場合には、発生しません。ケーブルテレビのインターネットを利用する場合は、この流合雑音について留意しておくとよいでしょう。

 

結論:NURO光とケーブルテレビではどちらがいいか

 

回線の速度、料金等を比べると、やはりNURO光が優れていると言えます。月額4,743円で下り最大2Gbpsの速度は魅力的ですし、申込時にキャッシュバックをもらえるなど、キャンペーンもケーブルテレビと比べていいです。NURO光の申し込み先別キャンペーン一覧表

 

ケーブルテレビの光ハイブリッド方式による弊害もありません。ただ、NURO光では地デジ対策ができません。NURO光はテレビの地デジ対策が必要。最安値はどの方法か検証

 

また、ケーブルテレビのメリットとして、テレビ・電話・ネットの3サービスを付けた際には安くなりますし、ネットの利用用途や頻度に応じて4つの速度を選ぶ事ができます。速度は求めていないからできるだけ安く、という場合には、J:COMの1Mコース2,980円や、イッツコムのかっとびジャスト月額1,700円などを使うと、低額でインターネットを利用することができます。

 

私の家では地デジアンテナを既に建てていますので、ネットと固定電話はNURO光、CS放送はスカパーで見ています。

 

2年、3年先までのコストを考えるとこの形がベストですが、NURO光とスカパーの2つに支払先がわかれる事、契約の手間などを考えるとCS放送を見るのであればケーブルテレビを利用するのもいいのかなと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい


キャッシュバックキャンペーンの画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック35,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。