このエントリーをはてなブックマークに追加 

フレッツ光(西日本)とNURO光を4つの視点から比較 乗り換える際の注意点

<更新日:2019年5月10日>

 

NTTが運営するフレッツ光西日本と国内最高速レベルの通信速度がNURO光、どちらも人気の光回線サービスですがどのような違いあるのでしょうか。通信速度や料金、キャンペーン内容で比較しましたので参考にしてみてください。

 

フレッツ光東日本は西日本より少し料金設定が高いです。

 

1、フレッツ光西日本の2つの料金プラン

 

フレッツ光西日本には、料金体系と通信速度の異なる「フレッツ光ネクスト」「フレッツ光ライト」の2つのプランがあります。

 

フレッツ光ネクスト

 

どれだけ使っても月額料金が変わらない定額制のコースです。NURO光の2年契約プランにあたる「光はじめ割」という割引プランがあり、2年目までと3年目以降で料金が変わります。

 

通信速度によって3つのプランに分かれていますが、この記事では最高速の「ハイスピードタイプ隼」を基準にNURO光と比較してみたいと思います。

 

フレッツ光ライト

 

利用した通信データ量によって月額料金が変わるコースです。320MBまでは基本料金で以降は10MBあたり28円が加算されます。ただし青天井ではなく1,320MB以降は上限金額となり加算がストップされます。

 

上限がある点以外は、タクシーの料金システムと同じだと考えれば良いでしょう。加算される金額と利用量は戸建てプラン、マンションプランともに変わりません。

 

フレッツ光ライトにも、2年契約によって料金が割引になる「あっと割引」があります。

 

フレッツ光西日本とNURO光を速度で比較

 

フレッツ光とNURO光のそれぞれの定番プランで公称している最大通信速度は以下のとおりです。

 

  • NURO光:最大2Gbps
  • フレッツ光ネクスト:最大1Gbps
  • フレッツ光ライト:最大100Mbps

 

NURO光の最大通信速度は2Gbpsとフレッツ光を大きく上回っています。あくまでも最大値ですので実際にはそれほど早い数値が出ることはないものの、2倍の差を実感するユーザーは多いようです。

 

フレッツ光ライトはどんなに良くても100Mbpsを超えることはないので、ヘビーユーザーには厳しい環境となります。

 

フレッツ光とNURO光の料金を比較

初期費用(契約手数料+導入工事費

 

NURO光とフレッツ光、それぞれの基本工事費と契約事務手数料を合計した費用は以下のとおりです。

 

初期費用(契約料+工事費)

NURO光

フレッツ光ネクスト

フレッツ光ライト

戸建て

43,000円

18,800円

18,800円

マンション

43,000円

15,800円

15,800円

 

料金だけ見るとNURO光の基本工事費の方が少し高めですが、NURO光では基本工事費相当分が割引されるキャンペーンを継続的に実施しています。

 

一方、フレッツ光では工事費割引のキャンペーンは行っていません。したがって、実質的にはNURO光の方が初期費用を抑えられると考えて良いでしょう。

 

ただし、NURO光の工事費は30ヶ月にわたって分割で割引される形となるため、途中解約した場合は残債分を一括で支払うことになります(マンションプランの場合は36ヶ月)。

 

フレッツ光西日本とNURO光を月額料金で比較

 

フレッツ光の場合は、月額料金とともに別途契約したプロバイダ料が毎月かかります。

 

フレッツ光で契約できるプロバイダは、最も安いもので月額500円ほどです。料金を比較するときは忘れず加算するようにしましょう。NURO光は回線とプロバイダが一体化したタイプなのでプロバイダ料を考える必要はありません。

 

なお、ここでの料金比較は以下の金額で行います。

  • NURO光:2年契約プランの料金
  • フレッツ光ネクスト:「光はじめ割」での割引料金
  • フレッツ光ライト:「あっと割引」での割引料金

その理由は、いずれも「2年契約が条件」「割引期間の定めがない」という点で共通しており、比較をするうえでフェアになるからです。ただし、フレッツ光の割引は別途申し込みをしないと適用されませんので注意してください。

 

戸建てプランの料金を比較

契約期間 NURO光 フレッツ光ネクスト フレッツ光ライト
1年目〜2年目 4,743円 4,300円+プロバイダ料(500円〜) 2,800円〜5,600円+プロバイダ料(500円〜)
3年目以降 4,743円 4,110円+プロバイダ料(500円〜) 2,800円〜5,600円+プロバイダ料(500円〜)


フレッツ光ネクストは「光はじめ割」により3年目から料金が変わります。プロバイダ料を加味すると2年目までは最低金額でNURO光と同じくらい、3年目以降は少し安くなります。

 

フレッツ光ライトは、毎月のデータ使用量を320MBまでに抑えれば4,000円を切りますが、最大でも100Mbpsまでしか速度が出ないのがネックです。

 

マンションプランの料金を比較

 

  NURO光 フレッツ光ネクスト フレッツ光ライト
1年目〜2年目 1,900円〜2,500円

2,850円(16契約以上)
3,250円(8契約以上)
3,950円(6契約以上)

2,200円〜4,400円+プロバイダ料(500円〜)


マンションプランの場合、NURO光とフレッツ光ネクストは同一建物内の契約者数で料金が変わり、フレッツ光ライトは戸建てプランと同じくデータ量によって金額が変動します。

 

こちらについては、確実にNURO光の方が低料金になることがわかります。フレッツ光の3年目以降の最低料金よりもNURO光の最大料金の方が安いからです。

 

マンション住まいでNURO光よりもフレッツ光が安くなるパターンとは?

 

お住まいがNURO光マンションプランの加入条件を満たしていないと、フレッツ光の方が安くなる可能性があります。

 

NURO光のマンションプランは加入者が4人以上いないと利用できず、その場合は戸建てプランしか入ることができません。NURO光の戸建てプランは月額4,743円のため、この状況に限っては、フレッツ光ネクストの方が安くなる可能性があるのです。

 

フレッツ光西日本のキャンペーンは?

 

フレッツ光西日本では2つの割引キャンペーンを行っており、条件が合えばよりお得に利用することができます。キャンペーンは公式サイトのものです。

 

1、グループ割

 

個人名義の契約者同士で2回線または3回線のグループを組み、申し込みをすると月額料金が割引になります。

 

対象サービス 割引プラン および 割引額    
  みんな割引プラン まとめて割引プラン  
    2回線の場合 3回線の場合
フレッツ光ネクスト グループ加入者 グループの主回線の グループの主回線の
  それぞれの回線の 月額料金を600円割引 月額料金を900円割引
  月額料金を300円割引    
フレッツ光ライト グループ加入者 グループの主回線の グループの主回線の
  それぞれの回線の 月額料金を600円割引 月額料金を900円割引
  月額料金を300円割引    


※フレッツ光ライトは上限金額から割引されます

 

移行工事費割引

 

以下のNTTサービスを利用中で、フレッツ光ネクストまたはフレッツ光ライトに切り替える場合は、基本工事費、交換機等工事費、回線終端装置工事費、屋内配線工事費(または機器工事費)が無料になります。

  • フレッツADSL
  • フレッツISDN
  • INSネット(総合デジタル通信サービス)

 

フレッツ光を利用するメリットは?

 

正直なところ、純粋なコストパフォーマンスならNURO光に軍配が上がるでしょう。利用料金は同じくらいでも最大通信速度に大きな差があるからです。数百円の差であればより快適に利用できる方を選びたいという人が多いのではないでしょうか。

 

一方、フレッツ光は西日本・東日本を合わせれば全国で展開しており、どこに住んでいても利用することができます。たとえ契約中に引っ越したとしても、同じサービスを継続利用できるのは大きなメリットです。どこでも同じ回線を使いたいという場合、フレッツ光は良い選択となるでしょう。

 

サービス提供エリア

  • フレッツ光(西・東):全国
  • NURO光:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、滋賀県、福岡県、佐賀県

※どちらも一部地域を除く

 

 

フレッツやau回線からNURO光に乗り換える前に

 

インターネットサービスでもフレッツ光を利用していたり、auの光回線などを使っているという人も多いのではないでしょうか。

 

光回線を選んでいるという人の多くが、通信速度などをメインに考えているのではないでしょうか。フレッツ光の場合は200Mbps、auの光回線の場合だと1Gbpsの通信速度で通信をすることができます。

 

どちらも、速度が出るインターネット回線ですが速度を求めるならNURO光をオススメします。NURO光は下り最大2Gbpsで利用することができます。速度だけをみると、非常に魅力的ですがもちろんメリットとデメリットがあるので紹介します。

 

 

NURO光のメリットは料金が安くて、速度が速い

 

料金

 

NURO光は、月額料金が4,743円です。

 

一見、他社のインターネットサービスと似たような値段もしくは、少々値段が高くなるようなイメージがありますが、NURO光の場合は月額料金の中に、無線LANルーター、セキュリティーソフトが入っています。

 

 

また、NURO光で使用するルーターは標準で無線LAN機能が装備されているので、スマホやタブレット、ゲーム機などもインターネットに接続することができます。セキュリティーソフトのカスペルスキーも標準搭載されているので、安心してインターネットを使うことができます。

 

 

速度も2Gbpsなので、フレッツ光の200Mbpsの10倍の速度で通信をすることができるのは大きなメリットです!

 

 

NURO光にデメリットは工事費が高くなること

 

NURO光を申し込むと、工事費を30ヵ月で割った1,334円が月額料金に加算されているため、キャンペーンを利用する事で、実質工事費は0円です。ですが、途中解約する場合は工事費の支払いが終了していない場合は解約金と一緒に残りの工事費(1,334円×残存月数)が請求されてしまいます。

 

auのギガ得やフレッツ光も同様のシステムとなていますが、解約のタイミング次第では、実質の工事費は0円でも、他社のインターネットサービスの工事費よりも高額になる可能性があるため、注意が必要です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい


キャッシュバックキャンペーンの画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック35,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。