フレッツ光からNURO光に乗り換える際の注意点

フレッツ光からNURO光に乗り換える時の3つの注意点

 

NTTが提供しているインターネット通信サービスでフレッツ光を利用しているという人も多いのではないでしょうか。

 

下り最大200Mbpsの高速回線で利用することができるので、快適なインターネットブラウジングをすることができます。また、料金も戸建て向けのプランで実質4400円、集合住宅向けのプランで実質3650円の2つの料金プランがあり、それぞれにプロバイダ料を追加した料金で利用することができます。

 

一方、最近注目を集めているNURO光は、下り最大2Gbpsという高速の通信速度を誇っているインターネットサービスです。価格もプロバイダ料、無線LAN、セキュリティーサービスが付属して月額4,743円という料金で利用できるのも、支持されているポイントです。

 

フレッツ光からNURO光に乗り換えたいという人は、3つ注意点があります。

 

 

1.NURO光はプロバイダが選べない

 

フレッツ光は、プロバイダを別に選ぶ必要があります。

 

プロバイダを自分で選択することで、低料金なプロバイダを選んだり通信が安定しているプロバイダを選ぶことができます。

 

対して、NURO光だとプロバイダはSo-netしか選ぶことができません。
NURO光は、自分の好きなプロバイダを選ぶことができないので、注意が必要です。

 

ただし、NURO光の場合、So-netのキャンペーン(キャッシュバックや工事費無料等)が充実している事や、元々の月額料金がフレッツ光より安いため、フレッツ光より早い回線を安く利用できます。

 

">NURO光のキャッシュバックキャンペーンの内容と注意点

 

 

2.利用可能エリアが少ない

 

NURO光が利用できるエリアは、現状として東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬の1都6県でしか利用できないのがネックとなっています。
対応しているエリアは以下から検索することができます。

 

https://secap.so-net.ne.jp/cgi-bin/nuro/area/search.cgi?mode=kojin

 

フレッツ光からNURO光への乗換を考えている人は、利用可能エリアに注意しましょう。
逆にエリアさえ入ってしまえば、前述し通りフレッツ光より早い回線を安い料金で利用する事ができます。

 

NURO光の回線自体はNTTのものを借りていますので、回線品質にも不安はありません。

 

 

3.ひかり電話(フレッツ光)が使えなくなる

 

フレッツ光を解約してしまうと、ひかり電話を使うことができなくなります。

 

ただし、ナンバーポータビリティーで番号を移すことはできるので、月額500円のNURO光電話を利用することができます。NURO光もフレッツ光同様、、光電話が別料金になっているので別途契約が必要です。

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい

NURO光 キャンペーン画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック30,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。