このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光と九州(福岡 佐賀)の光回線を4つの視点で比較

更新日:2019年4月17日

 

NURO光 九州

 

2019年3月28日より、九州の2県(福岡、佐賀)でNURO光の申し込みがスタートしました。サービス開始は4月下旬以降のようです。

 

NURO光は関東でスタートして、速度の速さと料金の安さから爆発的に契約数が増え、2018年1月から関西・東海でもサービスがスタート。満を持して九州にもエリアが延びました。

 

このページでは、九州エリアの他の光回線とNURO光を4つの視点から比較しています。

 

<目次>
1、九州でのNURO光の評判 口コミ
2、九州(福岡・佐賀)の光回線とNURO光のスペック比較

3、結論 九州でもNURO光を選ぶべきか?
4、九州地方でのNURO光 サービス提供エリアの確認方法

 

 

九州でのNURO光の評判 口コミ

 

九州ではまだサービスが開始していませんので口コミはありませんが、関西・東海地方での評判が参考になるかと思います。関西では申し込み開始の2ヶ月後に工事が始まりましたが、最初は申込者が多く、工事完了までに時間がかかるケースもあったようです。

 

速度・料金(キャンペーン)は概ね好評で、特に速度に関しては悪い評判はほぼありませんでした。

 

NURO光 VS 九州の光回線 スペック比較表

 

回線名 工事料金 契約手数料 月額 契約期間 最大速度
NURO光 無料 \3,000 \4,743 2年 2Gbps
BBIQ \24,600 \2,800

1年目:\4,300
2年目:\5,800

なし 1Gbps
ドコモ光

\18,000(新規)
\7,600(転用)

\3,000

\5,200 or \5,400
+プロバイダ料金

2年 1Gbps
auひかり 無料 \3,000 \5,200 2年 1Gbps


※フレッツ光もあるのですが、フレッツ光の光コラボの代表としてドコモ光を載せています。

 

料金、速度もそうですが、九州エリアでの顧客満足度調査で1位の常連であるBBIQが九州地方では有名ですので、ここから先はBBIQとNURO光を比較していきます。他の光回線とNURO光の比較に関しては過去の記事を参考にしてみて下さい。

 

速度を比較

 

ベストエフォート値ではNURO光が2Gbps、BBIQが1GbpsですからNURO光の方が早い事になりますが、ベストエフォート値と実測値は違います。

 

重要なのは実際に出るスピードなのですが、NURO光は九州でまだ始まっておらず、ネットの速度は利用環境によって大きく左右されますので比較が難しいです。

 

ですので、母数が多い客観的なデータを基に比べてみます。下に添付した画像データはRBB SPEED AWARDの結果です。

 

速度調査結果

 

この結果を見ると、関東ではNURO光が最速で、下り451Mbps 上り362Mbps。対して九州ではBBIQではなく、auひかりが最速で、下り209Mbps、上り263Mbpsでした。

 

関東と九州ですので速度比較は一概にはできませんが、九州ではまだNURO光ユーザーがいない(少ない)状態ですので、利用者が増えている関東より速度が出る可能性も十分あります。ですので、実測値は暫定ですがNURO光の方が上になりそうです。

 

料金 工事費を比較

 

結論から言うと契約年数に関わらずNURO光の方が料金が安いです。

 

BBIQの料金プラン

 

BBIQで1Gbpsの速度を選んだ場合、契約年数に応じて3つの料金プランがあります。

  • 通常プラン(契約期間の指定なし):月額 5,800円
  • つづけて割(3年契約):5,000円
  • つづけて割ビッグ(5年契約):4,700円

新規加入の方であればいずれも、キャンペーンとして最初の1年間は毎月1,500円の割引が効きます。また、商品券10,000円ももらえますが、工事費として24,600円が実費でかかります。

 

対するNURO光の月額料金は4,743円、工事費は30ヶ月の利用すれば無料、2年契約、キャンペーンとしてキャッシュバックが35,000円あります。

 

<NURO光とBBIQをそれぞれ2年間、5年間使った際の料金の比較>

  工事費 契約手数料 月額1年目 月額2年目以降 キャッシュバック 2年間合計 5年間合計
契約期間なし \24,600 \0 \4,300 \5,800 \10,000 \135,800 \344,600
3年契約 \24,600 \0 \3,500 \5,000 \10,000 \116,600 \296,600
5年契約 \24,600 \0 \3,200 \4,700 \10,000 \109,400 \278,600
NURO光 \0 \3,000 \4,743 \4,743 \35,000 \81,832 \252,580

 

見ての通りで、先述した通りBBIQでどの契約年数を選んでもNURO光の方が料金が安くなります。上記の表は戸建てですが、マンションプランでもNURO光の方が安いです。

 

BBIQには速度が100Mbpsのコースもあるのですが、1Gbpsコースと月額が300円しか違わない上に、キャンペーン内容が充実していませんので、100Mbpsコースを選ぶメリットは現状はなさそうです。

 

インターネットの料金だけ見るとNURO光の圧勝なのですが、BBIQのようなケーブルテレビ局の強みはテレビ(地デジ・BS・CS)+電話+ネットのセットで契約した際の割引額です。特に九州地方では、ひかりTV for NURO(NURO光のテレビサービス)が始まっていないため、BBIQで現在テレビを観ている方はデメリットがあります。

 

詳しくは状況が全く同じの関西地方の記事に書いています。関西の光回線と比べたNURO光の弱点

 

スマホとのセット割引

 

NURO光のひかり電話を契約した場合、ソフトバンクのスマホの月額割引、通話料の割引が効くため、ソフトバンクユーザーは更に月額料金を落とせます。

 

対するBBIQはauスマートバリューに加入できますのでau系列の電話利用者は割引が効きます。ですので、ソフトバンク利用者はNURO光、au利用者はBBIQと言う選び方もありだと思います。

 

サポート対応 付属サービスの比較

 

サポート対応については、客側の受取方の違いもありますので、SNS等の評判よりも、大手の調査機関のような分母が大きいデータを参考にするようにしています。プロバイダのサービス比較で有名なのは、オリコンとJDパワーです。

 

JDパワーの満足度調査は地域ごとに行われるのですが、2019年の調査でBBIQは九州地方で3年連続で1位を獲得しています。対するNURO光も関東地方で3年連続で1位です。

 

詳細はJ.D. パワー 2019年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査を参照してください。

 

また、オリコンのプロバイダ満足度調査でも、九州地方ではBBIQが1位。関東ではSo-net(NURO光の提供元)が1位となっています。地域差があるので一概に比較はできませんが、サポート対応は互角と考えていいのかなと思います。

 

付属サービス

 

付属サービスに関してはNURO光がカスペルスキーを無料で利用できるなどセキュリティ面に強みがある反面、九州地方ではテレビサービス(ひかりTV for NURO)が始まっていません。

 

対するBBIQはケーブルテレビ局ですから、テレビ、ネット、電話のフルサービスで行くと料金的なメリットが出ます。付属サービスに関してはBBIQでしょう。

 

NURO光とBBIQ どちらを選ぶべきか?

 

CS放送や地デジ、BSなどテレビ放送までまとめて契約したい方はBBIQがいいと思います。セット割とキャンペーンを上手に効かせればNURO光とコスト面で互角か、安くできます。

 

インターネットの最大速度に倍の差があると言っても、BBIQの最大速度は1Gbps、実行速度で200Mbps以上出ており、普通に利用する分にはNURO光との差はないと考えていい速度です。

 

NURO光に向いている人

 

NURO光は、基本的にはネット回線(+固定電話)以外不要で速度&料金を重視する人に向きます。集合住宅に住む単身者の方などは相性がいいです。

 

  • ネット(+固定電話)以外のサービスは必要なく、料金を安くあげたい人
  • 既に地デジ設備が整っている集合住宅に住んでいる人
  • オンラインゲームや4Kテレビ等、速度が必要な作業を日常的にする人
  • PS4が欲しい人

 

エリアの確認方法

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい


キャッシュバックキャンペーンの画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック35,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。