NURO光が北海道(札幌・小樽・石狩)で開通 北海道の光回線と比較
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光と北海道の光回線&J:COMを比較

国内でも最速の光回線として評価されている「NURO光」。通信速度にこだわる人にとってまず最初に思い浮かぶ選択肢の1つとしての地位を確立しています。

 

スペック的には申し分ない「NURO光」ですが、弱点として挙げられるのが「提供エリアの狭さ」です。どの光回線も全国各地にサービス提供を行っているのに対して、NURO光では、順次拡大中とはいっても未対応エリアが数多く残っています。

 

そんな中2019年12月NURO光は北海道でのサービス提供開始を発表しました。北海道の人にとっては待ちに待ったNURO光のサービス提供開始だったのではないでしょうか。今回はこれから北海道で利用が可能となる「NURO光」と他社の固定回線を比較しながらメリット・デメリットを把握していきましょう。

 

 

NURO光と北海道のネット回線を比較

北海道でお住いの方で固定回線を選ぶのに考えられる選択肢はいくつかあります。

 

北海道に対応している固定回線として挙げられるのは「auひかり」「ドコモ光」「J;COM」などが挙げられます。これらの固定回線と比較してNURO光はどのような点に優れているのでしょうか。

 

まずは、NURO光と北海道で利用可能な固定回線の通信速度や料金、サポート対応を比較していきます。

 

1-1 NURO光と北海道のネット回線の「通信速度」を比較

インターネットを快適に利用する上で重要となるのが「通信速度」です。通信速度にこだわりを持つ人も多く、単純にインターネットでストレスを感じたくない人もいれば、オンラインゲームなどある程度の通信速度が維持できないと満足に利用できない人もいるでしょう。

 

大切なのは実測値とPing値
インターネット回線ではよく公式サイトなどに「下り最大○Gbps」といった言葉が掲載されています。これを見て「○Gbps出るのか、速いな」と思ってはいけません。

 

これらの数字は「ベストエフォート値」といって、理論上可能な最大速度を記載しているにすぎません。日常的に利用する際には、そこまでの通信速度が発揮されるわけではないので注意しましょう。

 

そういった理由から固定回線の通信速度を比較するときに「最大速度」ばかりに注目してもあまり意味がありません。やはり通信速度を比較するのであれば、実際に発揮される速度「実測値」を見るべきです。

 

ここでは、NURO光と北海道で利用可能なネット回線の実測値を通信速度計測サイト「みんなのネット回線速度(https://minsoku.net/)」を参考に比較していきます。また、北海道のNURO光はサービス提供前なので、参考までにNURO光全体の平均速度を比べます。

 

ネット回線 最大速度 下り平均速度 上り平均速度
NURO光 2Gbps 303.24Mbps 291.23Mbps
auひかり(北海道) 1Gbps 223.88Mbps 183.7Mbps
auひかり(全体) 1Gbps 237.87Mbps 194.63Mbps
ドコモ光(北海道) 1Gbps 175.31Mbps 145.62Mbps
ドコモ光(全体) 1Gbps 172.51Mbps 154.77Mbps
J:COM(北海道) 1Gbps 120.21Mbps 8.18Mbps
J:COM(全体) 1Gbps 99.46Mbps 9.86Mbps

(2019年12月16日時点)

 

まだ北海道でのサービス提供は開始されていないのでNURO光が北海道でどれぐらいの通信速度を発揮するのか判断するのは難しいかもしれません。ただ、他社回線の全国平均と北海道平均を見比べてもわかるように、そこまで大きな差は生まれていないので、北海道でも優れた通信速度が出る可能性は高いです。

 

平均速度を見比べてみても差は歴然ですが、やはり「通信速度」という観点では「NURO光」が頭ひとつ抜けています。

 

また、通信速度計測サービスによっても計測方法が異なるため他社サービスの情報も参考にしてみましょう。

 

「RBB SPEED TEST」が1年間に測定した通信速度のデータを元に最も平均速度が高かったサービスを表彰する「RBB SPEED AWARD 2018(http://www.iid.co.jp/news/press/2019/040901.html)」では、固定回線部門(北海道地域)で最も下り速度に優れていたのは「auひかり(213.77Mbps)」でした。

 

「みん速」とそこまで変わらない数値でもあり、NURO光がまだ北海道でサービス提供前であることを考えても、NURO光が北海道で最速の光回線になる可能性は非常に高いと考えられます。

 

1-2 NURO光と北海道のネット回線の「料金」を比較

通信速度と同じぐらい重要なのが「月額料金」です。いくら通信速度のスペックに優れていたとしても、使い方によってはオーバースペックである可能性もあります。やはり月額料金が低く、通信費が抑えられるネット回線の方が魅力的ではありますよね。

 

ここではNURO光と北海道のネット回線の「料金」を比較していきます。

ネット回線(戸建て) 工事費用 契約事務手数料 月額料金 キャッシュバック 2年間合計
NURO光 40,000円 3,000円 4,743円 45,000円 71,832円
auひかり(ネットのみ) 37,500円 3,000円 5,100円 0円 162,900円
auひかり(ネット+電話) 0円 3,000円

1年目:5,600円
2年目:5,500円(うち電話500円)

10,000円 126,200円
ドコモ光 0円 3,000円 5,200円 20,000円(dポイント) 107,800円
J:COM(ネット+電話) 時価 3,000円 6,375円(うち電話1,330円) 0円 156,000円

※12月29日までの期間限定
※NURO光、auひかりの工事費はキャンペーンで実質無料にできます。
※J:COMの工事費用は時期や契約方法で変わります。

 

ネット回線の料金を比較する時には工事費用や契約事務手数料などの「初期費用」、利用中に発生する「月額料金」、そしてキャッシュバックなどがもらえる「キャンペーン」を総合し、一定期間で支払う合計金額を見た方がお得なサービスを選ぶことができます。

 

NURO光では、常設されているキャッシュバック特典によって工事費用を無料化することができます。やはり2年間の合計金額という観点でみると「工事費が無料になるかどうか」と「月額料金がどれぐらい安いか」「キャッシュバックはあるか」といった要素が重要になります。

 

NURO光は速いだけではなく、料金的にも他社を上回るメリットがあるといえるでしょう。

 

.NURO光 北海道エリアでのキャンペーン状況

NURO光で実施されているキャンペーンをまとめていきます。併用する事はできません。※CひかりTVセット割引は他のキャンペーンと併用可能。

 

@45,000円キャッシュバックプレゼント

  • 対象:NURO光2GV(戸建て/マンションミニ)への新規加入またはコース変更
  • 内容:43,000円のキャッシュバック

NURO光が提供するキャンペーン特典の目玉といってもいいでしょう。受取も開通から2ヶ月後と早いため、他の固定回線やポケットWiFiなどから乗り換えて違約金が発生しても余裕でペイできます。

 

A1年間月額料金980円

  • 期間:2019年12月29日までの申込分
  • 対象:NURO光2GV(戸建て/マンションミニ)への新規加入またはコース変更
  • 内容:開通月から12ヶ月の月額料金が980円

 

通常期間は1年間月額1,980円というキャンペーンを実施しているのですが、期間限定で1年間の月額料金が980円になるサービスを実施中です。NURO光の圧倒的な高速通信を1,000円以下で始められるのはうれしいですね。

 

Bワンコイン体験

  • 対象:NURO光2GV(戸建て/マンションミニ)への新規加入
  • 内容:月額料金3ヶ月間500円

 

NURO光の通信速度に疑問を持っている人はお試しサービスを利用してみましょう。こちらはNURO光を3ヶ月間500円で体験できるというサービスで、開通から3ヶ月以内に解約をすれば違約金や工事費残債などは発生しません。

 

CひかりTVセット割引
  • 期間:2019年12月29日まで
  • 対象:NURO光+ひかりTVをセットで新規加入(北海道、九州、一部の東海、関西エリアは対象外)
  • 内容:NURO光+ひかりTVのセット料金が1年間1,500円?
  • URL:https://www.nuro.jp/hikari/campaign/tv/

 

NURO光とひかりTVをセットで加入すると1年間の月額料金が1,500円?(ひかりTV加入プランに応じる)になります。

 

北海道でNURO光を利用するメリット

これから北海道でNURO光が利用開始となるのを楽しみにしている人も多いでしょう。ここではNURO光のメリットをまとめていきますので、これからネット回線への加入を検討されている人は参考にしてみてください。

 

@通信速度が圧倒的に速い

やはりNURO光の魅力は圧倒的な通信速度にあります。実測値での比較をみても明らかなように他社よりも頭ひとつ抜けた数値を記録しています。

 

日常的なネット利用はもちろん快適に行えるでしょうし、オンラインゲームやストリーミング配信動画の視聴など通信速度が必要な用途でもストレスなく使えるでしょう。

 

A料金も安い

NURO光では、実施中のキャッシュバック特典と月額料金割引によって圧倒的な安さを実現しています。

 

2年間の合計金額をみても明らかなようにコスト面での優位性も誇っています。このようなサービスが北海道で利用可能になるのは楽しみで仕方ありませんね。

 

B6G/10Gプランも申し込み可能

NURO光では通常プランの「最大2Gbps」以外にも、最大6Gbps、10Gbpsに対応して超高速プランも用意されています。

 

北海道の一部エリアではこの2つのプランも提供開始となるので、さらなる高速通信回線を利用したい人はこちらもおすすめです。

 

北海道の光回線と比べたNURO光の弱点・デメリット

いくら通信速度と料金で優れているとはいっても弱点やデメリットがないわけではありません。ここではNURO光のデメリットをまとめていきます。加入前に弱点を把握して後悔のないようにしましょう。

 

@集合住宅の人は加入プランに要注意

ここまで紹介してきたNURO光の料金プランは全て「NURO光2GV(戸建て/マンションミニ)」というものです。もちろん集合住宅にも対応したプランではあるのですが条件によって別のプランを選ばなくてはいけなくなります。

 

NURO光には「NURO光2GV(戸建て/マンションミニ)」と「NURO光forマンション」という2つのプランがあります。

 

違いとしては以下のようになっています。

  • 「NURO光2GV(戸建て/マンションミニ)」:NURO設備導入済みマンションが対象
  • 「NURO光forマンション」:NURO設備導入済みマンションが対象

 

このように集合住宅の設備状況に応じて加入するプランが変わってきます。「NURO光forマンション」では、月額料金やキャンペーンの適用などが異なってくるので注意しましょう。

 

「NURO光forマンション」の料金
月額料金 1,900円?2,500円(同マンションでの利用人数に応じる)
契約事務手数料 3,000円
工事費用 40,000円
キャッシュバック 10,000円
最大通信速度 下り最大2Gbps/1Gbps


月額料金は安くなっていますが、キャッシュバックの金額が低く設定されているので予め確認しておきましょう。

 

A開通までに時間がかかる可能性も

NURO光の評判で「申し込みから開通までが遅い」というものが多く見られます。人気の高いネット回線で開通工事が混み合っていることなどが考えられるため、新しくサービス提供が開始される北海道でも同様のことが予想されます。

 

以前、関西地方や九州地方でサービスがスタートした際は、申し込みからネット開通までに2〜3ヶ月かかった例もありました。

 

ただ、NURO光では工事完了までネット回線が使えない場合に利用できるレンタルWi-FIが用意されています。月額980円という安さで利用できるので「ネットが使えない」という状況は避けられるでしょう。

 

NURO光 北海道の口コミをチェック

NURO光が北海道で提供開始になることに対してどのような期待が集まっているのかみていきましょう。

 

 

 

 

 

北海道でNURO光のエリアを検索する方法

NURO光が北海道で提供開始となりましたが、北海道全域で利用ができるわけではありません。提供エリアは北海道の一部となっているためお住いのエリアでNURO光が対応しているかをチェックしておきましょう。

 

北海道での新規提供エリアは下記の通りです。

 

下り最大2Gbpsサービス対応エリア

石狩市、恵庭市、江別市、小樽市、札幌市、千歳市

 

上り/下り最大10Gbps/6Gbpsサービス対応エリア

石狩市、小樽市、札幌市

 

また、サービス提供エリア内に住んでいたとしても、NURO光が利用できない可能性もあります。お住いの住居や建物がNURO光に対応しているかどうかは公式サイトなどで確認してみましょう。

 

サービスエリア確認について詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

 

NURO光のエリア拡大状況

北海道でサービス提供が開始されるとはいっても全国的に見ればまだまだ未対応地域が数多く残されています。ここではNURO光サービス拡大の流れを時系列で確認していきましょう。

  • 2013年4月:関東1都6件でサービススタート(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県)
  • 2017年11月:東海4県、関西2府3県に拡大(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県)
  • 2019年3月:九州2県に拡大(福岡県、佐賀県)
  • 2019年12月:北海道に拡大

この流れを見ると2017年まで関東、関西、東海エリアと大都市圏を中心にサービスを提供してきたNURO光が2019年になって地方への拡大を積極的に進めていることが伺えます。

 

拡大ペースも早まっていることから今後東北や中四国、九州の他エリアなどの提供開始も十分考えら得るでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加