このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光 集合住宅での階数制限廃止

 

NURO光では、2019年1月から戸建てプランの加入条件となる建物の階数制限を撤廃しました。これにより、8階建て以上のマンションに住んでいる人も戸建てプラン(マンションミニ)に加入できるようになりました。

 

NURO光 マンション階数制限廃止

 

集合住宅で戸建てプランに加入する際は、「マンションミニ」というプラン名になりますが、名前が異なるだけで、料金や契約期間、対象となるキャンペーンなどは戸建てプランと変わりません。

 

マンションに住む人にとってはより加入しやすく、そして選択肢が広がったことになります。

 

変更前と変更後のNURO光加入条件を比較

 

階数制限が撤廃されるまでのマンションミニとマンションプランの加入条件は以下の通りでした。

 

変更前・マンションプランの加入条件

  • 住んでいる建物3階建て以上のマンション(集合住宅)であること
  • 同じ建物内に自分を含めて4人以上の加入者または加入希望者がいること

 

変更前・マンションミニの加入条件

  • 住んでいる建物が7階建て以下のマンション(集合住宅)であること
  • 建物にマンションプランの設備が導入されていないこと

 

従来、NURI光では3階建て以上7階建て以下のマンションは状況に応じてマンションプランとマンションミニのどちらかを選択できましたが、8階建て以上のマンションではマンションプランしか選べない状況でした。

 

マンションプランに加入するには、自身を含めて4人以上の加入者あるいは加入希望者がいなければならないという条件があるため、場合によってはいつまで経ってもNURO光に加入できない状況だったのです。

 

変更後・階数制限の撤廃で1人でもNURO光に加入できるように

 

一方、今回の変更によって加入条件が次のように変わりました。

 

マンションプランの加入条件

・同じ建物内に自分を含めて4人以上の加入者または加入希望者がいること

 

マンションミニの加入条件

・建物にマンションプランの設備が導入されていないこと

 

条件において階数の制限がなくなったため、8階建て以上のマンションであってもマンションミニに加入できるようになったのです。

 

マンションミニは戸建てプランと同じ内容ですので、加入希望者が自分1人だけあっても加入することができます。今までほかにNURO光の加入希望者おらず申し込めなかった人には大きな朗報といえるでしょう。

 

マンションプラン適用済みの建物では戸建てプランは選べない

 

1つ注意しなければならない点として、条件にもあるようにマンションプランかマンションミニかを選択できるのは建物にマンションプランの設備が導入されていない場合に限られます。つまり、すでにマンションプランが適用されているマンションの場合はマンションミニを選ぶことができないのです。

 

ただ、料金面を考えると後述しますが、マンションミニより、NURO 光 for マンション(マンションプラン)の方が安いためデメリットはないかと思います。

 

NURO光のマンションプランとマンションミニ(戸建てプラン)を比較

 

マンションプランとマンションミニの両方が選択できる場合、どちらを選ぶべきなのでしょうか。両方のプランを比較してみましょう。

NURO光forマンション

マンションミニ(戸建て)

最大通信速度 下り2Gbps、上り1Gbps 下り2Gbps、上り1Gbps
月額料金(税抜) 1,900円〜2,500円 4,743円
基本工事費 40,000円(36ヶ月の割賦払い) 40,000円(30ヶ月の割賦払い)
契約事務手数料 3,000円 3,000円
契約期間 2年 2年
キャッシュバック 25,000円 35,000円

 

最も注目すべき違いは月額料金でしょう。マンションプランは建物内の加入者によって月額料金が変わるシステムになっています。

 

加入者6人までは2,500円で、7人になると2,400円、8人になると2,300円、9人になると2,200円と安くなっていき、10人以上なら月額1,900円で利用することが可能です。加入者8人以上であればマンションミニの半額以下で利用できる計算となります。

 

マンションミニを選びたい理由

 

住んでいる物件にNURO光の設備が未導入であれば、マンションミニに加入することをおすすめします。確かに月額料金の安さは魅力ですが、それ以上にマンションミニにメリットがあり、マンションプランにリスクがあるためです。

 

1、マンションミニの方が高速で通信できる可能性が高い

 

マンションプランは、光回線をひとまず建物の共有設備に引き込み、共有設備から各部屋に回線を接続する形となります。この共有設備から部屋への接続ですが、マンションによっては光回線を使えない可能性があり、その場合はNURO光本来のスピードを出すことができなくなります。

 

一方、マンションミニであれば直接部屋に回線を引き込むのでそのような心配はいりません。

 

2、マンションミニの方が多くのキャンペーンの対象になる

 

NURO光では、キャッシュバックキャンペーンをはじめ、ワンコイン体験、1年間の利用料金割引、PlaySstation4のプレゼントなど加入者を対象としたキャンペーンを数多く実施しています。しかし、大半のキャンペーンではマンションプランは対象となりません。戸建てプランおよびマンションミニに加入しないと特典対象にならないのです。

 

3、今後はマンションプランへの加入が難しくなる

 

マンションミニプランの建物制限が撤廃された今、設備未導入のマンションでマンションプランに加入することは一層難しくなると思われます。今までは、8階建て以上の建物に住んでいる場合はマンションプランしか選択肢がなかったため、ほかの加入希望者が現れるのを待つほかありませんでした。

 

しかし、これからはマンションミニであれば他の希望者を待たずに加入することができます。インターネットはもはやインフラのような存在ですので、料金が多少高くなっても可能な限り早く開通させたいと考えるのが自然でしょう。

 

したがって、マンションプランの加入条件をクリアできる状況になるのを待たずにマンションミニに加入する人が増え、マンションプランの加入希望者はより一層集まらなくなると考えられるのです。マンションプランの方が申し込んでからの開通は早いと言われますが、そもそもの加入条件が揃わなければ、結果としてマンションミニの方が早く利用できることになるでしょう。

 

4、マンションプランは強制解約のリスクがある

 

マンションプランの利用条件は、建物内に4人以上の利用者がいることです。ですから、もしマンションプランを利用中に同じ建物内の利用者が3人以下に減ってしまった場合は、利用を続けることができず強制解約となってしまいます。

 

その場合、工事費の残債分を一括で支払わなければならない上、NURO光を継続利用するためにはマンションミニのプランに加入し直す必要があります。ただ、マンションミニは30ヶ月間利用すれば工事費が無料となるため、もし強制解約となっても多額の費用がかかる心配は少ないでしょう。

 

とはいえ、再加入の手間とインターネットが利用できなくなる期間が生じるリスクを考えると、最初からマンションミニに加入しておいた方が安心できるのではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい


キャッシュバックキャンペーンの画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック35,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。