NURO光 マンションでも1人から申し込めるように変更 階数制限廃止
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光 集合住宅での階数制限廃止

更新日:2020年1月23日

 

NURO光では、2019年1月からマンションミニ(戸建てと同じ料金体系)の加入要件である物件の階数制限を撤廃しました。

 

具体的には、マンションミニの加入要件が、7階までのマンション・集合住宅⇒8階以上でもOKに変更され、8階建て以上のマンションに住んでいる人も戸建てプラン(マンションミニ)に加入できるようになりました。

 

NURO光 マンション階数制限廃止

 

集合住宅で戸建てプランに加入する際は、「マンションミニ」というプラン名になりますが、名前が異なるだけで、料金や契約期間、対象となるキャンペーンなどは戸建てプランと変わりません。マンションに住む人にとってはより加入しやすく、そして選択肢が広がったことになります。

 

マンションプラン適用済みの建物では戸建てプランは選べない

1つ注意しなければならない点として、マンションプランかマンションミニかを選択できるのは、建物にマンションプランの設備が導入されていない場合に限られます。つまり、すでにマンションプランが適用されているマンションの場合はマンションミニを選ぶことができないのです。

 

ただ、後述しますが、料金面を考えるとマンションミニより、NURO 光 for マンション(マンションプラン)の方が安いためデメリットはないかと思います。

 

 

NURO光のマンションプランとマンションミニ(戸建てプラン)を比較

1-0 NURO光 for マンションとマンションミニの違い

  • NURO光 for マンション:NURO光 for マンション設備導入済みのマンション向けのプラン
  • NURO光マンションミニ:同設備が導入されていない戸建てやマンション向けのプラン

仮にマンション住まいであっても、同設備がないとNURO光 for マンションに加入できないため、マンションミニに加入するしかありません。

 

1-1 月額料金を比較

NURO光forマンション

マンションミニ(戸建て)

最大通信速度 下り2Gbps、上り1Gbps 下り2Gbps、上り1Gbps
月額料金(税抜) 1,900円〜2,500円 4,743円
基本工事費 40,000円(36ヶ月の割賦払い) 40,000円(30ヶ月の割賦払い)
契約事務手数料 3,000円 3,000円
契約期間 2年 2年
キャッシュバック 10,000円 45,000円
2年間の合計料金 38,600円〜53,000円 71,808円


最も注目すべき違いは月額料金でしょう。マンションプランは建物内の加入者によって月額料金が変わるシステムになっています。

 

加入者6人までは2,500円で、7人になると2,400円、8人になると2,300円、9人になると2,200円と安くなっていき、10人以上なら月額1,900円で利用することが可能です。加入者8人以上であればマンションミニの半額以下で利用できる計算となります。

 

2年間利用時の合計金額もNURO 光 for マンションの方が安いです。

 

1-2 キャンペーンを比較

NURO光 for マンション マンションミニ
キャンペーン ・10,000円のキャッシュバック

・45,000円のキャッシュバック
・1年間月額980円
・ワンコイン体験
・ソニーストア(PS4)

1-3 工事料金を比較

NURO光 for マンション マンションミニ
工事費用 40,000円 40,000円
支払回数 36回 30回

1-4 通信速度を比較

NURO 光 for マンション、マンションミニのベストエフォート値は同じです。

  • ダウンロード最大:2Gbps
  • アップロード最大:1Gbps

 

NURO光 for マンションとマンションミニ どちらを選ぶべきか

住居するマンションに設備が導入されているなら、NURO光 for マンションを選ぶべきです。

 

大きな理由は、「マンションミニ」よりも大幅に料金が安いからです。マンションミニにはさまざまなキャンペーンがありますが、どれを選択してもNURO光 for マンションには安さで敵いません。

 

※マンションミニの正式名称は「NURO 光G2 V」です。戸建てと同じプランです。

 

料金の比較

キャンペーン名 キャッシュバック 1年間月額980円 ソニーストア ワンコイン体験 NURO光forマンション
契約手数料 3,000円 3,000円 3,000円 0円 3,000円
開通月〜3ヶ月目 4,742円 980円 4,742円 500円 2,500円
4〜6ヶ月目 4,742円 980円 4,742円 2,980円 2,500円
7〜12ヶ月目 4,742円 980円 4,742円 4,742円 2,500円
13〜24ヶ月目 4,742円 4,742円 4,742円 4,742円 2,500円
キャッシュバック 45,000円 0円 43,000円 0円 10,000円
総額 71,808円 71,664円 73,808円 95,796円 53,000円

NURO光 for マンションは、最も条件の悪い(加入人数が少ない)月額2,500円のプランであっても、マンションミニより2万円近くも安いことがわかります。

 

10人以上の加入者が条件の月額1,900円で計算したときの2年間総額はたったの38,600円なので、マンションミニよりNURO光 for マンションがお得なのは明白です。

 

ただし、居住するマンションにNURO光 for マンションの設備が導入されていない場合は、マンションミニを選ぶしかありません。

 

NURO 光 for マンションの注意点

  • そもそも提供エリア外なら加入できない
  • 設備の導入には物件オーナーの承諾が必要
  • 開通までに手間や時間がかかる可能性もある
  • 設備導入済みなら「マンションミニ」は選べない
  • 「Hands-up」に加入しなければならない
  • 工事費用の分割支払期間が長い
  • キャッシュバック金額は少ない
  • キャッシュバックを受け取れるまでの期間が長い

以下で詳しく書いてい行きます。

 

注意点@:そもそもエリア外なら加入できない

NURO光 for マンションの対象エリアは、以下のとおりです。

  • 北海道
  • 関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
  • 東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
  • 関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
  • 九州(福岡、佐賀)

※マンションミニも共通

 

上記以外のエリアでは、NURO光 for マンションおよびマンションミニへ加入することはできません。また、対象エリア内でも居住するマンションに設備が導入されている必要があります。

 

居住地が「対象エリア外」なら他社の光回線への加入、「設備未導入物件」ならマンションミニへの加入を検討しましょう。

 

NURO 光 for マンション

 

NURO光 for マンションへの加入を検討している人は、居住地が対象エリア外なら加入できない点に注意してください。

 

エリア内になった際の通知を受け取ることも可能

先ほどの19都道府県に住んでいるのに、申し込み時に「エリア外」の通告を受けた人は「NURO光ご利用希望登録」すれば、NURO光からお知らせしてもらうことが可能です。

 

以下は、登録の手順です。

  • エリア外の通告を受けたあとの画面から「NURO光の提供開始後お知らせサービス」を開く
  • 「お客様情報」を入力する
  • 「アンケート」に答える
  • 「入力画面を確認する」を選択
  • 入力内容に問題なければ「送信」を選択する

 

NURO光 for マンション エリア外

引用:NURO光公式サイト

 

「NURO光の提供開始後お知らせサービス」に登録しておけば、登録者が居住する地域が対応エリアに含まれるとメールで通知されます。

 

注意点A:設備の導入には物件オーナーの承諾が必要

新規でNURO光 for マンションの設備を導入する場合は、オーナーや管理会社の許可を取らなければなりません。オーナーとの交渉は原則、NURO光側が行います。

 

しかし、工事をする手間やビス止めなどで物件に傷がつくことを嫌がるなどの理由で、交渉に数ヶ月を要したり最悪の場合は工事できなかったりすることもあるのです。

 

どうしてもNURO光 for マンションを利用したい人は、自分で直接オーナーと交渉して許可を得る方法が手っ取り早いかもしれません。以下は、「NURO光」公式サイト掲載の「設備導入承諾書」のURLです。NURO光 for マンション 設備導入承諾書

 

注意点B:開通までに手間や時間がかかる可能性もある

居住するマンションに設備が導入されておらず、それでもNURO光 for マンションを利用したい場合はオーナーとの交渉から始めていきます。

 

交渉の末にオーナーの承諾が取れても、物件によっては工事が遅れてしまう可能性もあります。

 

工事が遅れる理由
  • 1、MDFに空きがない
  • 2、物件の配線が劣化していてNURO光の設備を設置できない
  • 3、領空権や河川の近くなど、電線から物件へNURO光の光ファイバーを引き込めない

MDFとは:マンションやオフィスビルの共用部に設置される外部に通じる通信回線を収容した「主配線盤」のこと

 

MDF

※マンションのMDF室

「MDFの空き」や「配線の劣化」などの原因は、直接部屋に引き込むことで解消されます。しかし、その場合はNURO光 for マンションではなくマンションミニの契約になる可能性が高いです。
領空権の問題は交渉に時間がかかりますし、河川や線路などが近いといった物理的な理由があると契約することはできません。

 

マンションの立地や環境によっては、契約に時間がかかったり契約そのものができなかったりする点にも注意が必要です。

 

注意点C:設備導入済みなら「マンションミニ」は選べない

NURO for マンションの設備がすでに導入されている建物は、マンションミニ(NURO光 G2 V)を選ぶことができません。

 

NURO光 for マンションかマンションミニかを選択できるのは、建物にNURO光 for マンションの設備が導入されていない場合に限られてしまうのです。

 

料金面を考えるとマンションミニよりNURO光 for マンションのほうが安いため、デメリットとまではいえないでしょう。

 

ただし、もともとマンションミニ利用していて後からNURO光 for マンションの設備が導入されたとしても自動的に契約内容が変更されるようなことはありません。

 

MDF

引用:NURO光公式サイト

 

すでにNURO光 for マンションの設備が導入されていると、マンションミニが選べないことにも注意が必要です。

 

注意点D:「Hands-up」に加入しなければならない

NURO光 for マンションを利用すると、Hands-up会員への入会は必須です。

 

Hands-upは、マンション内にNURO光の回線設備を引くことが決まった時点で設立される任意団体のことです。共有部分の工事費や設備の維持費・管理費は、Hans-up会員を通じて支払われます。

 

NURO光 for マンションの月額料金は1,900〜2,500円ですが、実はこの中にはHands-up会費が含まれています。会費は加入者の数に応じて変化しますが、月額料金の差はこのHands-up会費の差です。

 

6人以下 7人 8人 9人 10人以上
基本料金 1,600円 1,600円 1,600円 1,600円 1,600円
Hands-up会費 900円 800円 700円 600円 300円
総額 2,500円 2,400円 2,300円 2,200円 1,900円

上記の通り、NURO光のマンションタイプは、マンションに設備を導入する工事で発生した工事費をHands-upというマンション内の任意団体で分割支払いしています。この支払額は毎月の利用料金の中に含まれています。

 

ところが4人を下回りサービスの提供が終了した際、工事費の分割代金が残っていると、残存している契約者で等分し、残りの工事費の支払いを行わなくてはいけないのです。入居している世帯が少ないマンションでは、このような思わぬサービス終了や出費の可能性があります。

 

※現在は4人を下回った際にサービスが終了するか否かは明示されておりません。

 

設備導入工事費の60,000円の残債があった場合は、「利用者がいなくなった月に存していた会員がその存していた会員数で等分した金額」を支払わなければなりません。

 

NURO光 for マンションは、「Hand-up」の加入が必須であることを知っておきましょう。

 

注意点E:工事費用の分割支払期間が長い

NURO光 for マンションの工事費用は、36ヶ月を過ぎなければ無料になりません。

 

工事費用は同じ40,000円でも、マンションミニなら30ヶ月後には無料です。つまり、残債を支払いたくなければ、NURO for マンションはより長く契約を続けなければならないのです。

 

NURO光 工事費の取扱

 

たとえば、30ヶ月経過時点で解約するとマンションミニなら工事費用の残債はありませんが、NURO光 for マンションは6,666円(1,111円×6ヶ月)の残債を支払う必要があります。

 

工事費用の分割支払期間が長いことも、NURO光 for マンションの注意すべき点のひとつです。

 

注意点F:キャッシュバック金額は少ない

NURO光 for マンションは、マンションミニよりキャッシュバック額が少なくなってしまいます。

  • NURO光 for マンション:10,000円
  • マンションミニ:45,000円

2〜4年間継続したあとの解約ではなく、数ヶ月で解約した場合はNURO光 for マンションのほうが損をしてしまいます。

 

たとえば、転勤などで1年間で解約するときの総額をシミュレーションしてみましょう。

 

NURO光 for マンション マンションミニ
契約手数料 3,000円 3,000円
違約金 9,500円 9,500円
月額料金 30,000円(2,500円×12ヶ月) 56,904円(4,742円×12ヶ月)
工事費用残債 26,664円(1,111円×24回) 23,994円(1,333円×18回)
キャッシュバック - ▲45,000円
負担金額の総額 69,164円 48,398円

※NURO光 for マンションは24ヶ月間、マンションミニは12ヶ月間契約を継続しないとキャッシュバックは受け取れない

 

月額料金や2年経過時の総額こそNURO光 for マンションのほうが安いですが、1年で解約した場合はキャッシュバック額が高い分だけマンションミニのほうが負担は少ないことがわかります。

6・12・18・24ヶ月目で解約した場合の総額一覧
NURO光 for マンション マンションミニ
6ヶ月目 60,380円 72,944円
12ヶ月目 69,164円 48,398円
18ヶ月目 77,498円 68,852円
24ヶ月目 75,832円 89,306円

2年が経過するまでは、マンションミニのほうが総額は安いのです。つまり、短期間で解約する場合はNURO光 for マンションよりマンションミニのほうが、解約時の負担は少ないことがわかりました。

 

NURO光 for マンションはキャッシュバック金額が少ないので、短期間での解約はマンションミニと比べて負担が大きいことも知っておきましょう。

 

注意点E:キャッシュバックを受け取れるまでの期間が長い

NURO光 for マンションの10,000円キャッシュバックは、受け取りまでに6ヶ月かかります。対して、マンションミニの場合は45,000円ものキャッシュバックを、わずか2ヶ月後には受け取れるのです。

 

6ヶ月の間にキャッシュバックの存在を忘れてしまったり、受け取るための手続きが間に合わなかったりする恐れがあるので、忘れないようにメモなどを取っておきましょう。

 

NURO光 for マンションキャッシュバックの注意点
  • 受取手続きは45日以内に済ませる必要がある(マンションミニも共通)
  • 24ヶ月間契約を継続しないと返金を求められる場合がある
  • シティバンクや外国の銀行への振り込みはできない
  • 振込みの完了は申し込み時に登録した携帯番号へSMSで通知される

 

NURO光 for マンションのキャッシュバックは、受取までの期間が長いことに注意してください。

 

マンションミニのメリット

  • マンションミニは高速で通信できる可能性が高い
  • 「縛りなし」を選択することもできる
  • 豊富なキャンペーンが用意されている
  • 今後は「NURO光 for マンション」への加入が難しくなる
  • 他社の月額料金と比べると十分に安い

 

メリット@:マンションミニは高速で通信できる可能性が高い

マンションミニは、部屋の中まで直接回線を引くため回線を独占できることから、光回線が持つ本来の通信速度を引き出しやすい傾向にあります。

 

以下は、NURO光 for マンションや他社の回線業者が提供するマンション向けコースの問題点です。

 

NURO光 マンション 速度低下の要因

  • ほかの住人と回線を共有しているため混雑時間帯は速度が低下する
  • VDSL物件の場合、信号の損失が多く元々の通信速度も遅い

VDSL、LAN、光配線方式それぞれの最大速度とメリットデメリット

 

NURO光 for マンションは、回線をひとまず建物の共有設備に引き込み、スプライスBOXを経由して共有施設から各部屋へと回線を接続します。

※スプライスBOX:光回線を複数に分岐させる装置のこと

簡単に言うと、1本の回線をマンション内で分岐して住人で共有するため通信速度が低下しやすいのです。これはNURO光に限らずどの固定回線でも同じです。たとえば、同時接続台数最大10台のルーターに15台のWiFi接続をすると、通信速度が遅くなってしまうのと似たイメージです。

 

特に古い物件ですと、「VDSL」という電話線を使った回線が使われるため、マンションまでは2Gbpsで来ても、VDSLが2Gbpsの速度に対応しておらずADSL並みのスピードになってしまう事もあります。

 

マンションミニですと、電線から直接部屋に光ファイバー線を引きこむため、VDSLなど物件の設備の影響を受けません。「常に通信速度は速いほうがいい」という人は、マンションミニの方が高速で利用できる可能性が高いです。

 

メリットA:「縛りなし」を選択することもできる

マンションミニには、2つのプランが用意されています。

月額料金 契約
NURO 光G2 V 4,743円 2年間の継続契約
NURO 光G2 7,124円 なし

2年間の継続契約を避けたい人は、「NURO 光G2」を選ぶことが可能です。NURO光 for マンションなら選択の余地はなく、2年契約を結ぶしかありません。

 

他社の回線業者の契約内容
  • NURO光:2年/期間の縛りなしを選択可能
  • フレッツ光:2年のみ
  • SoftBank光:2年 ※自動更新の有無は選択可能

他社の回線業者は、「契約期間なし」が用意されていない場合がほとんどです。

 

ただし、縛りなしの「NURO 光G2」の月額料金は2年契約の「NURO 光G2 V」よりも、月額2,400円ほど高額になってしまいます。また、工事費4万円が実費でかかるため、現実的にはこのプランを選ぶメリットはありませんが、、

 

メリットB:豊富なキャンペーンが用意されている

マンションミニには多くのキャンペーンが用意されていますが、NURO光 for マンションにはほとんど用意されていません。マンションミニのキャンペーンは併用こそできないものの、豊富な数の中から自身が希望するものを選ぶことができます。

 

NURO光 for マンション マンションミニ
キャンペーン ・10,000円のキャッシュバック

・45,000円のキャッシュバック
・1年間月額980円
・ワンコイン体験
・ソニーストア(PS4)

たとえば、ソニーストアの買い物に使える43,000円分のキャッシュバックを選べば、プレイステーション4やプレイステーションVRなどが手に入ります。

 

「お得なキャンペーンを活用したい」という人には、マンションミニがおすすめです。豊富なキャンペーンが用意されていることも、マンションミニのメリットといえます。

 

メリットC:建物制限の撤廃により加入が簡単になった

サービス開始からは、マンションミニの加入要件といえば厳格なものでした。しかし、サービス開始から時が経つにつれて加入条件は少しずつ緩和されていったのです。

 

期間 階数制限
サービス開始〜2015年11月 2階建てまでのアパート・マンションに限定
2015年12月以降 5階建てまでのマンションに対応
2017年2月以降 5階建てマンションから7階建てまでに緩和
2019年1月以降 階数制限そのものが廃止、すべての住宅で利用可能に


以前は条件を満たさないマンションに居住する加入希望者は、NURO光に加入するには「NURO光 for マンション」を選ぶしか方法がありませんでした。

 

そのNURO光 for マンションの条件も満たさない場合は、ほかの希望者を待たなければなりません。

 

しかし、マンションミニの建物制限が撤廃されたことによって、ほかの希望者を待つことなくNURO光を利用できるようになったのです。

 

マンションミニ 加入要件

 

現在はインターネットがインフラのような存在ですし、料金が多少高くなってもキャッシュバックなどの特典である程度は相殺が可能です。以上の理由から、限り早く開通させたいと考えるのが自然でしょう。

 

NURO光 for マンションは設備の導入や管理人との交渉などハードルが高いので、加入条件をクリアできる状況を待たずにマンションミニへ加入する人が増えると予想されます。

 

建物制限の撤廃で加入しやすくなっていることも、マンションミニのメリットです。

 

メリットD:他社の月額料金と比べると十分に安い

NURO光 for マンションと比べると月額料金は高くなってしまいますが、それでも他社の回線業者が提供する同様のプランよりは十分に低価格です。

  • NURO光 for マンション:月額1,900〜2,500円
  • マンションミニ:月額4,742円

 

他社光回線と月額を比較
NURO光 auひかり SoftBank光 J:COM
月額料金(戸建て) 4,742円 5,200円 5,200円 6,680円
月額料金(マンション) 4,742円 4,300〜4,600円 3,800円〜4,900円 マンション未対応

戸建てプランの場合、NURO光が圧倒的に安いことがわかります。NURO光なら、たとえ戸建て向けが中心のマンションミニであっても、他社のマンションプラン並みの料金で利用することができます。

 

つまり、他社の回線業者のマンションプランを選んでもNURO光のマンションミニを選んでも料金はあまり変わりません。さらに、45,000円のキャッシュバックがありますから総額では他社のマンションプランと比べても安いくらいです。

 

他社回線業者のマンションプランの条件が厳しいなら、同じぐらいの料金であるNURO光のマンションミニを選ぶことで、安くスムーズに光回線を開通させることができるのです。

 

「加入しやすくて安い光回線を選びたい」という人にはNURO光のマンションミニをおすすめします。他社の月額料金と比べて十分に安いことも、マンションミニのメリットです。

 

マンション・集合住宅の工事方法と開通までの目安

建物共有部の工事

  • NTT保有の光回線をマンションの共有スペースまで引き込む
  • 共有スペース内や中間階のEPS共有スペース内にスプライスBOXを設置する

 

宅内の工事

  • スプライスBOXからONU設置位置まで既設配管を使用して光回線を配線する
  • 光回線引き込み口に光コンセントを設置
  • ONU設置後に機器動作確認とWiFiテストを行う

工事の詳細についてはこちらの記事に写真付きでまとめています。NURO光 マンション・戸建ての工事方法と注意すべき事を列挙

 

※ONUとは:光通信ネットワークの終端に設置される装置で、受け取った光信号とLANを変換・接続と光信号の多重・分離をする役割がある

 

詳細はこちらにまとめています。NURO光のONU(ルーター)のスペックと役割/F660AとHG8045Qを比較

 

工事期間の目安

工事期間の目安は、NURO光による導入判定の完了から1〜2ヶ月後です。内訳や作業に要する時間は、以下の表にまとめました。

 

内容 要する期間
NTTへの光回線導入工事の申請
NTTによる光回線導入工事
NURO光による光回線導入工事 1ヶ月程度
設備導入から宅内工事まで 1週間程度
宅内工事 1〜1.5時間


以下は、フローチャートです。

NURO光 マンションの工事期間目安

工事するマンションの住所や利用者の人数、設備環境や時期によって期間は変動します。

 

マンションプランの評判

良い評判

 

都内・マンションタイプですが、上り下りとも600-950Mbpsが常時出ていますし、PINGも3-4ミリ秒と、とにかく爆速でとても嬉しいです。安定度も高く、時間帯によって速度が落ちることもほとんどありません。

 

引用:価格.com

 

 

良い評判で最も多い印象を受けたのは、「通信速度」です。

 

NURO光 for マンションは、回線を独り占めできるマンションミニと違って遅くなりやすいといわれていますが、実際に利用するユーザーから不満は特に出ていません。

 

また、住んでいるマンションに10人の利用者がいると月額たったの1,900円で利用できる点もNURO光 for マンションならではの魅力といえるでしょう。

 

マンションミニからNURO光 for マンションへプラン変更可能

マンションミニからNURO光 for マンションへ移行することは簡単で、ルーターを交換するだけなので1時間程度で終わります。

 

 

悪い評判

 

 

そろそろ10,000円のキャシュバックがあるはずなのに、連絡がないのでTTSに電話したら、ちょっと調べますと言って待たせた挙句、お客様は光電話の契約をしておりませんのでCBの対象となりませんって。メアドは無いは、CBは無くなるは。ちゃんと調べないととんでもない事に。

 

引用:価格.com

全般的に、NURO光 for マンションの悪い評判はほとんどありませんでした。強いて挙げるなら「キャンペーン」の内容です。

 

マンションミニと比べて少ないだけでなく、10,000円のキャッシュバックを受けるにも条件があるので注意事項には目を通しておくことをおすすめします。

 

少数派の意見では、「住んでいる住宅がNURO光 for マンションに対応していることを知らなかった」というものもありました。月額料金が安くキャッシュバックもあるので、事前に調べておくようにしましょう。

 

まとめ

今回は、マンションミニとの比較を交えながらNURO光 for マンションの注意点やメリット、評判などをご紹介しました。以下は、NURO光 for マンションがおすすめの人です。

  • NURO光の提供エリアに含まれている
  • キャッシュバックより月額料金の安さを重視したい
  • 住んでいるマンションにはすでにNURO光 for マンションの設備が導入されている
  • マンション内に加入希望者が多い
  • 短期間で解約する予定はない
  • すぐにキャッシュバックを受け取れなくても問題ない

 

マンション・アパートにお住まいなら、まずはNURO光 for マンションの設備が導入されているか公式サイトや管理人に確認してみましょう。

 

変更前と変更後の加入条件を比較

階数制限が撤廃されるまでのマンションミニとマンションプランの加入条件は以下の通りでした。

 

変更前・マンションプランの加入条件

  • 住んでいる建物3階建て以上のマンション(集合住宅)であること
  • 同じ建物内に自分を含めて4人以上の加入者または加入希望者がいること

 

変更前・マンションミニの加入条件

  • 住んでいる建物が7階建て以下のマンション(集合住宅)であること
  • 建物にマンションプランの設備が導入されていないこと

 

従来、NURO光では3階建て以上7階建て以下のマンションは状況に応じてマンションプランとマンションミニのどちらかを選択できましたが、8階建て以上のマンションではマンションプランしか選べない状況でした。

 

マンションプランに加入するには、自身を含めて4人以上の加入者あるいは加入希望者がいなければならないという条件があるため、場合によってはいつまで経ってもNURO光に加入できない状況だったのです。

 

変更後・階数制限の撤廃で1人でもNURO光に加入できるように

一方、今回の変更によって加入条件が次のように変わりました。

 

マンションプランの加入条件

・同じ建物内に自分を含めて4人以上の加入者または加入希望者がいること

 

マンションミニの加入条件

・建物にマンションプランの設備が導入されていないこと

 

条件において階数の制限がなくなったため、8階建て以上のマンションであってもマンションミニに加入できるようになったのです。

 

マンションミニは戸建てプランと同じ内容ですので、加入希望者が自分1人だけあっても加入することができます。今までほかにNURO光の加入希望者おらず申し込めなかった人には大きな朗報といえるでしょう。

NURO光 マンションでも1人から申し込めるように変更 階数制限廃止記事一覧

マンション・アパートでNURO光を申し込む前に確認すべき4項目

更新日:2019年4月8日 初回公開日:2016年11月15日NURO光には戸建て向けとは別に、マンション向けのプラン(NURO 光 for マンション)があり、マンションタイプも他の光回線と比べると安くて速いためとてもコスパがいい回線です。マンション、アパートでNURO光を検討している方は、以下の4つを押さえておけば失敗は少なくなるかなと思います。特に2番目の加入条件は知っておく必要があります。...

続きを読む
NURO光 マンションでも1人から申し込めるように変更 階数制限廃止

更新日:2019年6月18日NURO光では、2019年1月からマンションミニ(戸建てと同じ料金体系)の加入要件である物件の階数制限を撤廃しました。具体的には、マンションミニの加入要件が、7階までのマンション・集合住宅⇒8階以上でもOKに変更され、8階建て以上のマンションに住んでいる人も戸建てプラン(マンションミニ)に加入できるようになりました。集合住宅で戸建てプランに加入する際は、「マンションミニ...

続きを読む
dummy
マンション・集合住宅のオーナーや管理会社向け NURO光のメリット・デメリット

高速・低料金で人気の高いNURO光。マンションに導入してセールスポイントにしたいと考えている管理会社やオーナーの方も多いのではないでしょうか。今回はNURO光をマンションに導入する費用やメリット・デメリットについてご説明します。NURO光の導入費用は無料NURO光のマンションプランの導入で管理組合や管理会社、賃貸オーナー(大家)が負担する費用はありません。費用は、加入する入居者が毎月支払う料金に含...

続きを読む
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい


キャッシュバックキャンペーンの画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック35,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。