NURO 光でんわの通話料金、メリット デメリットをまとめ

NURO 光電話の料金と利用するメリット

 

NURO 電話

 

NURO光は月額が他の光回線に比べて安い上に、スピードが速いと言う事で検討を始めて私自身ネット回線に関してはOKだったのですが、いざ導入する際に盲点になりやすいのが電話サービスをどうするかです。

 

NURO光もフレッツ光やauひかりと同じIP電話をつける事ができ、現在と同じ使い方(同じ番号を使えるか、番号通知等はあるのか)が不安でしたのでここはしっかり確認しました。固定電話(auひかり電話)は仕事で使っているので、今と同じ環境を維持できないと厳しいのが本音でした。

 

このページではその時に調べた内容を以下の順番でまとめました。

 

 

ちなみにNURO光の「光でんわ」はNURO光のインターネット契約が前提のサービスです。NURO光のインターネット契約に関しては私自身の体験談なども併せてこちらにまとめました。NURO光の口コミ・評判をピックアップ

 

 

基本料金と通話料金を他社と比較

 

NUROの光電話はアナログ電話に比べると料金を大きく節約できますので、固定電話の通話料が高いという人はNUROの光でんわを目的にネットも一緒に変える価値があるレベルなのかなと感じます。

 

サービス名

基本料金

通話料金(3分あたり)

新規発番

工事

料金割引サービス

NURO光 500円 7.99円 できる 必要 ホワイトコール24
NTTアナログ 1,700円 8.5円〜40円 できる 必要 なし
フレッツ光 500円 7.2円〜8円 できる 必要 プロバイダ次第
auひかり 500円 8円 できる 必要 auセット割auまとめトーク


※フレッツ光の通話料金はプランによって3段階から選べ、基本料金が上がるほど通話料金が下がります。
※NTTのアナログ回線は市内、市外、60KM以上の距離により通話料金が変動します。

 

NUROの光電話はauやフレッツ光と基本料金、通話料金共に大きな差はありません。通話料は固定電話やIP電話同士なら3分間の通話で7.99円、携帯電話の場合は1分間で20円です。

 

ただし、ソフトバンクの回線を使っているため、ソフトバンクユーザーは月額や通話料などの割引を受ける事ができます。NURO×SoftBank ホワイトコール24、スマホBB割とは?活用方法の例

 

内容は、auひかりのauスマートバリューやセット割と内容はほとんど同じです。

 

 

NURO光 でんわのオプション(付加サービス)

 

NURO 電話オプション

 

NURO光の電話サービスでつけられるオプションは上の表の通りでした。フレッツ光やauで使えるオプションは一通りそろっています。

 

私の場合、番号表示(ナンバーディスプレイにあたる)と着信転送(ボイスワープ)を使っていましたのでその2つのみ使いたかったのですが、この2つだとオプションの工事費がかかるらしいので、

 

パック1プラン(番号表示・番号通知リクエスト・キャッチ電話・着信お断り・着信転送の全てが付いているプラン)を申し込みました。これだと月額が変わらず工事費がからないとの事でした。パック1は月額が900円の工事費無料ですので、オプションを2つ以上つける方はパック1を選んだ方が料金的にメリットがでます。

 

また、問い合わせてはいませんがNURO光で新しく番号を発番する事が可能ですので、NUROのひかり電話で2回線引くことも可能だと思います。

 

今使っている番号はNURO光でも使えるのか? MNPについて

 

基本的にMNP(番号ポータビリティ)は可能という事でした。<追記>MNPができないパターンは、auひかりで新規に発番した番号だとできない可能性があるとも。フレッツ光で新規発番した場合は、MNP可能。

 

私の場合は、NTT時代から持っていた電話番号をauに移していたので、その番号をそのままNUROで使う事ができました。

 

NTTからナンバーポータビリティする(番号を移す)方法と注意点

 

 

NURO 光でんわのデメリット

 

1、停電時に利用できなくなる

 

デメリットは、停電すると電話が使えなくなる事です。
ひかり電話はインターネット回線を利用して音声を飛ばしているため、インターネット回線の電源が切れると、電話自体が利用できなくなります。

 

ただし、最近の電話機はコンセントから電源を取りますので、停電になると電話機自体も電源が落ちて利用できなくなるため、アナログ回線でも結局は利用できなくなります。

 

 

2、黒電話、緊急福祉電話の利用ができない

 

黒電話は電話機を買いかえれば済むので大した問題はありませんが、緊急福祉電話は光回線には対応していません。

 

緊急福祉電話を利用されているご老人の方や、その家族の方は、ひかり電話を利用せず、今まで通りNTTのアナログ回線を利用する事をおすすめします。

 

その他、セコムやアルゾック等のセキュリティも連絡に電話回線を利用しており、ほとんどのケースで大丈夫ですが稀に光回線に対応していない事があるため、ひかり電話に乗り換える前にセキュリティ業者に問い合わせしておくといいでしょう。

 

 

3、工事費がかかる

 

NURO光のインターネットとは別に初期工事費が3,000円かかります。その他、前に書いた通りオプションを単体で申し込むと、それぞれ工事費がかかります。

 

「NURO光インターネットの工事費が実質無料」についての詳細
NURO 光の工事内容と料金

 

また、解約の際に電話機器の撤去に1,000円かかります。auひかりですとプロバイダにもよるのでしょうが、解約時の撤去費はかからなかったのでここはマイナスだと感じました。

 

ただし、NURO光の場合申し込んだ段階で30,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンがありますので、それを利用して電話にかかる工事費はそこから捻出すればお釣りがきます。NURO光 30,000円キャッシュバックの詳細

 

 

NURO光の電話でメリットが出る人

 

SoftBankのスマホユーザー

 

NURO光電話は、なんといっても月額料金と通話料が安いのがポイントです。また、SoftBankの携帯でホワイトコール24に申し込んでいる場合は、24時間通話料が無料です。

 

家族がSoftBankの携帯を持っているという人で、固定電話の通話料を安くしたいという人は、NURO光でんわを使うといいかもしれません。

 

また、SoftBank携帯に加入していて、NURO光でんわに加入するとおうち割 光セットが適用され、スマートフォンの月額料金が最大2,000円の割引されます。

 

 

NTTアナログ電話から乗り換えると電話料金を大幅に節約できる

 

NTTのアナログ回線は月額料金は住んでいる地域と回線方式によって、1450円〜1700円(ほとんどの家庭用電話は1,700円)です。通話料も市内の固定回線への通話で3分間8.5円、市内から遠くなるにつれて通話料が高額になっていきます。

 

携帯電話への通話は通信キャリアによって変わってきますが、16円〜17.5円で通話が可能です。一方、NURO光でんわは月額料金は毎月500円で、通話料は固定回線の場合全国にかけても、3分で7.99円の安さで通話することができます。

 

アナログ回線の場合は、距離が遠くなるほど通話料金が上がってしまいますが、NURO光を始めとする光でんわはIP電話ですので遠距離通話をしても通話料金は一律です。

 

また、国際電話の場合、NURO光ならアメリカへ3分間7.99円で通話ができますので、特に長電話をしてしまう方や、国際電話をかける機会が多い方にはメリットがあります。

 

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい

NURO光 キャンペーン画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック30,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。