NURO光のONU(ルーター)はどれを選べばいい?3分でわかる性能の違い

NURO光のONUの種類&性能は、他社製品との比較など

 

ONUとは? ONUの役割

 

ONUとは外部から引き込まれた光ケーブルから送られてくる光信号を、インターネットに使うためのデジタル信号に変換する機械です。フレッツ光のアナログ信号からデジタル信号に換えていたモデムの役割と考えればよいでしょう。

 

NURO光のONUは、Wi-Fi(無線LANルーター)の機能も兼ね備えています。ですので、無線LANルーターを別途買わずにWi-Fi接続ができます。ONUのレンタル料等はかからず無料です。

 

 

NURO光には5種類のONUがある

 

NURO光に契約すると、宅内工事の際に以下の5種類のONUのうち、いずれかが設置されることになります。

 

  • ZXHN F660T(IEEE802.11ac非対応) 
  • HG8045j(IEEE802.11ac非対応)
  • HG8045D(IEEE802.11ac非対応)
  • ZXHN F660A(IEEE802.11ac対応)
  • HG8045Q(IEEE802.11ac対応)

 

この中のどの種類が設置されるのかは、当日の工事を行う人がどれを持ってきているのかによります。大抵の場合は新しい機種が取り付けられるので、一般家庭が一般的な用途で使用する分には、特に気にする必要はないでしょう。

 

F660AとHG8045Qが最新

 

もう少し詳しく説明すると、ONUには大きく分けて2種類あり、IEEE802.11acに対応しているか、対応していないかの違いがあります。ONUはその機種ごとに、対応する無線LAN(Wi-Fi)の規格が異なります。IEEE802.11acとは?

 

IEEE802.11acに対応しているか非対応かはその規格の違いで、IEEE802.11ac対応ならば無線接続時の最大速度は1300Mbps、非対応ならば450Mbpsが最大となります。Wi-Fiに接続したときの速度が異なるというわけですね。

 

いずれのONUであっても、市販されている数千円程度の無線ルーターに比べると、スペックはかなり高いです。。それでもWi-Fi接続のスピードをさらに求めるのなら、ONUはIEEE802.11acに対応しているZXHN F660AまたはHG8045Qにしてもらうとよいでしょう。

 

 

F660AとHG8045Qの比較

 

NURO光を契約して宅内工事を行う際、ONUが設置されます。ONUに5つの種類があることはすでに述べた通りですが、そのうち新型はF660AとHG8045Qです。

 

基本的なスペック

 

F660Aのサイズは245*190*38で縦長の形状。HG8045Qは235*195*30で横長の形状となっています。

 

ポート数はともに3つ。Wi-Fiの規格はどちらも2.4GHz b/g/n5GHz a/acです。速度はWi-Fi接続時下り最大1300Mbpsで、IEEE802.11acに対応しています。

 

F660AとHG8045Qのスペック差

 

異なる点としては、1つのSSIDで同時接続できる台数が挙げられます。F660Aが10台まで可能なのに対し、HG8045Qは32台まで接続できます。オフィスなどで使うのではない限り、一般家庭では10台もあれば十分でしょう。

 

F660Aでは、NTFSが読めないことも特徴です。NTFSとはWindowsでファイルを管理する際のシステムのことで、FAT32の上位互換にあたります。HG8045Qならば、2TBまでならNTFSを読み込むことが可能です。

 

NASで外付けハードディスク等の情報を共有するとき、NTFSファイルを使っている場合はハードの読み込みができません。読み込めるようにするには、FAT32に再フォーマットをする手間が必要です。

 

最新の外付けハードディスクも4GB以上の容量を保存するときはNTFSにするのが一般的になっており、NTFS対応のものが多くなっています。また、F660AではNASをする際のファイルにパスワードロックをかけられないことにも注意が必要です。

 

 

F660AとHG8045Qではどちらが良いのか

 

F660AとHG8045Qはどちらを選ぶ方が良いのでしょうか。HG8045Qの方が高性能ですが、一般的に使用する分にはどちらも大差ありません。どちらも市販のルーターで同じ性能のものを買うなら2〜3万円はするスペックです。

 

また、MACを使っている方はNTFS自体を使うことができないため、F660AとHG8045Qには差がないことになります。一方、Windowsを使用していてNAS機能をよく使うという方はHG8045Qを選ぶべきでしょう。

 

 

古いONU(ルーター)の場合交換もできる

 

基本的に、どのONUが取り付けられるのかは選べません。そのときに出庫されていて工事の担当者が持ってきたONUが設置されます。設置するONUを選びたいという方は、宅内工事をする前にNURO光のサポートデスクに連絡しておくとよいでしょう。

 

ただし、IEEE802.11acに非対応のONUが取り付けられたのならば、NURO光に連絡することでIEEE802.11ac対応に対応したONUへ無料で交換することができます。自宅に取り付けられるONUがIEEE802.11acに対応しているのかどうかは、工事の際に担当者へ聞いてみるとよいでしょう。

 

注意点として、宅内工事をしてから時間が経っている場合、ONUを交換したいと申し出ても取り替えの手数料10,000円が必要となります。ONUがIEEE802.11acに対応しているかどうかは、すぐに確認するようにしておきましょう。

 

 

無線LANの規格には複数の種類がある

 

無線LANには下記のような規格に分かれており、それぞれ通信可能な速度が異なります。

 

  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11b
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11ac

 

ご覧のように、それぞれ末尾のアルファベットに違いがあります。この中で一番下のIEEE802.11acが最も新しく、高速通信が可能な規格となっています。「ac」が次世代無線LANと言われているのに対し、「a」「b」「g」「n」は従来からある規格です。

 

それぞれの違いは、規格によって使用する周波数帯域が異なっていることです。「a」が5GHz、「b」と「g」が2.4GHz、「n」が2.4GHzと5GHzの両方、「ac」は5GHzの周波数を使用します。

 

2.4GHzの周波数は、電子レンジなどの家電製品によく使われている帯域です。インターネットをしているとき、電子レンジやドライヤーなどを近くで使用すると通信状態が悪くなることがあるのは、お互いの周波数が同じなので干渉してしまうためです。

 

一方、5GHzは家電製品の干渉は受けにくくなっていますが、壁などの障害物に弱いという特徴を持っています。ただし、新しい規格であるIEEE802.11acは5GHzの周波数帯ではありますが、障害物に遮られていても通信が滞りにくいという安定性を持っています。

 

IEEE802.11acは高速通信の1300Mbpsに対応してます。NURO光の特徴である最大2Gbpsという速度を活かすためには、このIEEE802.11acを使用するのが一番でしょう。

 

 

フレッツ光とNURO光のONU(ホームゲートウェイ)を比較

 

フレッツ光では、契約する内容によって宅内に設置する機器が変わります。インターネットだけを利用する場合には、ONUまたはホームゲートウェイを設置します。ホームゲートウェイとは、NURO光のONUと同じく、モデムとルーターの機能を兼ね備えた機械です。

 

フレッツ光とNURO光のONUで大きく異なる点は、フレッツ光ではこれらの機器がレンタルであり、レンタル料が必要になることでしょう。ホームゲートウェイの場合、本体と無線LANで月額750円がかかることを注意しておきましょう。

 

フレッツ光では、IEEE802.11a/n/acに対応したホームゲートウェイか、IEEE802.11a/b/g/n/acを内蔵した小型ONU対応ホームゲートウェイのいずれかがレンタルされることになります。利用可能端末台数は、どちらも有線接続は最大4台、無線接続は最大32台となっています(ただし、有線・無線を合わせて10台以下での利用が推奨されています)。

 

さらに、NURO光のONUとの違いとして、固定電話(ひかり電話)を使用するのに必要なVoIPアダプタの機能を持っていることが挙げられます。そのため、インターネットとひかり電話を契約した場合には、ONUではなくホームゲートウェイが必ず設置されることになります。

 

また、フレッツ・テレビと契約する場合には、映像用回線終端装置を設置することで、フレッツ・テレビを利用することができるようになります。この映像用回線終端装置には、ONUやホームゲートウェイと一体型になったタイプもあり、契約内容ごとにどの機器を設置するかが決まるようになっています。

 

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい

NURO光 キャンペーン画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック30,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。