このエントリーをはてなブックマークに追加 

Swift光の評判と回線元のNURO光とどちらを選ぶべきか?

<公開日:2019年4月14日>

 

swift光

 

Swift光は、NURO光の光回線を使用することで高速通信を実現しているインターネットサービスです。今回は、Swift光とNURO光について比較してどちらがおすすめかを、NURO光ユーザーの私が検証してみます。

 

Swift光とは?

 

Swift光(スイフト光)は、株式会社インビンシブルが提供するインターネットサービスです。2017年3月からサービスがスタートしました。通信速度が最大2Gbpsと、国内最速クラスを誇っています。

 

Swift光はNURO光のコラボレーション

 

後述しますが、Swift光の通信速度、エリア、料金などNURO光に非常に似ています。

 

これは、Swift光がNURO光の光回線を利用しているからです。NTTフレッツ光の光回線を流用してサービスを提供する「光コラボレーション」というシステムがありますが、NURO光とSwift光の関係性もこれと似たようなものと考えて良いでしょう。

 

Swift光の評判は?

 

SNSなどインターネット上には、Swift光に関するポジティブな評価もネガティブな評価もほとんど見受けられませんでした。不満を持つ人が少ないとも受け取れますし、単純に利用者がまだ少ないのだという判断もできるでしょう。

 

NURO光とSwift光を通信速度で比較

 

NURO光とSwift光の最大通信速度は以下のとおりです。下りはwebサイトや動画の閲覧、ファイルのダウンロードに関わる速度、上りは反対にファイルやデータをネット上にアップロードする際に関係する速度です。

  • NURO光 下り最大:2Gbps  上り最大:1Gbps
  • Swift光  下り最大:2Gbps 上り最大:1Gbps

 

Swift光はNURO光の回線を流用しているため、通信速度において両者に違いはありません。どちらに加入しても快適なインターネットライフが見込めるでしょう。

 

ただ、NURO光にはさらに高速の通信が可能な6Gbpsと10Gbpsのプランが存在します。もちろん、2Gbpsでも十分に高速ですが選択肢としてはNURO光の方が多いです。

 

NURO光とSwift光の料金を比較

初期費用 工事費用

 

  NURO光 Swift光
基本工事費 40,000円(30ヶ月の分割請求) 40,000円(30ヶ月の分割請求)
契約事務手数料 3,000円 3,000円

 

 

額面上ではNURO光とSwift光の初期費用に差はまったくありません。また、どちらも工事費が実質無料になるキャンペーンを実施しており、条件である30ヶ月の継続利用をクリアすれば40,000円はかかりません。

 

基本的な初期費用は契約事務手数料の3,000円だけになります。ちなみに、Swift光の工事はNURO光を運営するソニーネットワークコミュニケーションズに委託されているため、工事の質や内容も同程度と考えて良いでしょう。

 

月額料金を比較

 

NURO光の戸建てプラン(2年契約)とSwift光の月額料金は以下のとおりです。

 

・NURO光:4,743円
・Swift光:4,980円

 

大きな差はないものの、NURO光の方が低価格で利用することができます。

 

ただし、NURO光はキャンペーンの1つとして、35,000円のキャッシュバック特典を用意しています。初年だけで考えればNURO光の方が一月あたり3,000円安くなるのです。

 

Swift光は契約期間フリーのプランはない

 

NURO光には2年契約のプラン以外に契約期間を定めないプランもあります。月額料金が高くなりますが、いつ解約しても手数料がかかりません。その分、工事費が実費でかかるため、現実的にはこのプランを利用するメリットは薄いと思います。

 

一方、Swift光には契約期間がフリーとなっているプランはありません。2年契約または3年契約のプランとなります。とはいえ、1つのインターネットサービスを2年以上にわたって利用するのは一般的ですから、それほどのデメリットではないでしょう。

 

ちなみに、2年契約ならNURO光もSwift光も解約手数料は9,500円です。もちろん、契約の満了期間であれば払う必要はありません。

 

Swift光にマンションプランはない

 

NURO光には戸建てプランのほか、集合住宅を対象としたマンションプランがありますが、Swift光にマンションプランはありません。正確に言えば、Swift光の対象となる住居は、

 

  • 一戸建て住宅
  • 7階建て以下の集合住宅

 

この2つとなります。つまり、8階建て以上のマンションに住んでいる場合は、そもそもSwift光加入することができません。

 

また、7階建て以下の場合であってもNURO光のメリットの方が大きいです。NURO光のマンションプランが適用される集合住宅の場合、月額料金は2,500円以下とSwift光の料金の約半額となります。もしNURO光マンションプランの対象となっている場合は、Swift光よりもかなりお得に利用できるのです。

 

NURO光とSwift光を提供エリアで比較

 

Swift光はNURO光の回線を使っているので、提供しているエリアもほぼ同じです。

 

異なる点は、NURO光は関東、関西、近畿に加えて福岡県、佐賀県の九州2県も対象エリアに入っていること。Swift光もこれから追随する可能性はありますが、エリアの拡大については常にNURO光が先行すると考えて良いでしょう。

 

サービス提供エリア

 

サービスエリアは以下の通りですが、福岡県と佐賀県はNURO光のみしかありません。

 

NURO光 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県
Swift光 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

 

※どちらも一部地域を除く

 

Swift光のキャンペーンは?

 

性能や料金だけでなく、特典もインターネットサービスの魅力です。Swift光では新規申し込みに対して、2万円のキャッシュバックを行っています。約4ヶ月分の利用料金が実質無料になる計算です。

 

Swift光のオプションサービスは?

 

有料ではありますが、オプションサービスも充実しています。比較的低料金で利用できるものもありますので、必要だと感じるサービスは検討してみると良いでしょう。

 

  • ひかりTV for NURO:月額1,000円〜3,500円
  • カスペルスキーセキュリティ:月額500円
  • らくらくバックアップ無制限:月額500円
  • いつでもかけつけ365:月額500円
  • お財布サポート byえらべる倶楽部:月額500円
  • 生活便利相談サービス:月額500円
  • 住宅便利サービス:月額500円
  • リモートサポート:月額500円

 

結論:NURO光の方が高コスパでおすすめ

 

NURO光とSwift光は通信速度で同等の性能を誇っていますが、金銭面も含めて考えるとNURO光の方がおすすめだといえるでしょう。

 

月額料金が安いのはもちろんですが、NUROはキャンペーンも豊富で優秀です。現金キャッシュバックは3万5,000円と、Swift光よりも1万5,000円高く、月額料金の割引やソニーストアで使えるポイント進呈キャンペーンも実施しています。

 

長期的に考えても短期的に考えてもNURO光のメリットの方が多いのです。利用者が多い分、何かトラブルがあった場合の情報収集も容易でしょう。特別な理由がない限りは、NURO光の方がコスパの良いインターネットライフを期待できます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい


キャッシュバックキャンペーンの画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック35,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。