NURO光と中部(名古屋、愛知、三重、静岡、岐阜)の光回線を比較

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光 VS 東海地方の光回線

NURO光が東海(中部地方)に進出

 

関東では大人気のNURO光が、2018年1月より、東海や関西でもサービスを順次展開していくことを発表しました。新たに東海地方でNURO光を使えるようになるのは、愛知県、静岡県、三重県、岐阜県の4県です。

 

中部地方の方は光回線の選択肢として新たにNURO光が加わった訳ですが、中部ではコミュファ光がコストや利便性の面でフレッツ光などより1枚上ですので、NURO光とコミュファ光を比べてみました。

 

中部地方でこれから光回線を導入したいと言う方の参考になればうれしいです。

 

1、NURO光とコミュファ光の速度比較
2、<一戸建て>NURO光とコミュファ光の料金、キャンペーン特典を比較
3、<マンション>NURO光とコミュファ光の料金、キャンペーン特典を比較
4、NURO光とコミュファ光 どちらを選ぶべきか?

 

NURO光 VS 東海地方の光回線 スペック比較表

 

工事料金

契約手数料

月額料金

契約期間

最大速度

公式キャンペーン

NURO光

無料 3,000円 4,743円 2年 2Gbps

3万円キャッシュバック

コミュファ光

無料 3,000円

5,550円

2年 1Gbps セット割有り
1万円キャッシュバック

フレッツ光

18,000円 800円 4,910円 2年 1Gbps 2年間月額割引

ドコモ光

18,000円(新規)
7,600円(転用)

3,000円

5,200円or5,400円
+プロバイダ料金

2年 1Gbps ドコモのスマホ割引

 

コミュファ光はネットだけの料金だと他社より高いですが、電話+テレビ+ネットの3サービスを合わせると大きく割引が効きます。また、NURO光とコミュファ光はプロバイダ料金を込んだ金額です。

 

 

NURO光とコミュファ光の速度比較

 

NURO光の速度

 

NURO光は下り最大2Gbps、上り最大1Gbpsという高速回線で有名になりました。ただし、この最大◯Gbpsというのはあくまで理想的な状態での数値(ベストエフォート値)ですので、各家庭の環境や時間帯によって速度は変わります。NURO光の実際の速度について検証&調査機関等の客観的データを分析した結果

 

コミュファ光の速度

 

対するコミュファ光は、どのプランを選んだかによって通信速度が変わります。

 

  • 「1ギガホーム」を選んだ場合は上下とも最大1Gbps。
  • 「300メガホーム」を選んだ場合は上下とも最大300Mbps
  • 「30メガホーム」を選んだ場合は上下とも最大30Mbps

 

コミュファ光の実測値の情報を調べてみると、価格コムやTwitter等で調べると

  • 1ギガホームでは200〜300Mbps前後
  • 300メガホームでは50〜100Mbps前後
  • 30メガホームでは10Mbps前後

辺りが多かったのですが、上記したようにネットの速度は利用環境によって大っく変わるため、テスト結果が多い方が信頼度が高いです。

 

下の画像はRBBスピードテストが実施した、2016年の光回線の地域別最速サービスと、スピードテストを利用した人が出した結果の平均値です。

 

<RBB SPEED AWARD 固定回線の部 有線接続>

NURO光とコミュファ光の速度比較

 

これを見るとNURO光の実測値の平均は432Mbps、コミュファ光の155Mbpsを大きく上回ります。測定件数も29,000件以上あり母数としては十分だと思います。この調査結果ですと、NURO光の実測値が日本一です。

 

NURO光の方が速いがコミュファ光にもメリットがある

 

単純な速度ではNURO光に分がありますが、コミュファ光は3つの速度(料金プラン)から選べます。

 

例えば、インターネットはネットサーフィンやYoutubeくらいの動画を観るのがメインであれば、NURO光の実測値である400Mbps以上は不要です。更に言えば、それくらいの容量でしたら100Mbpsでも1000Mbpsでも体感速度に差は出ません。

 

ですので、ネットのヘビーユーザー以外は300Mbpsホームで料金を落とす、メールやLineの確認程度なら30Mbpsホームで十分です。

 

逆にオンラインゲームのダウンロード、4Kテレビ、容量があるクラウドストレージ等を頻繁に使う方はNURO光の速度が生きます。私はNURO光ユーザーですが今まで使った光回線の中でいちばん速いです。

 

 

NURO光とコミュファ光の料金を比較

 

NURO光の料金体系

 

NURO光では、戸建ておよび7階建て以下のマンションと、8階建て以上のマンションで料金が変わります。

 

戸建ておよび7階建て以下のマンションの場合、月額基本料金は4,743円、工事費用の割賦が月々1,333円×30ヶ月間かかります。ただし、NURO光には3種類のキャンペーンがあり、それを使う事で料金を大幅に落とすことができます。NURO光 3種類のキャンペーン詳細とメリットデメリット

 

導入工事費は40,000円ですが、キャンペーンを使う事で実質無料にできます。NURO光 戸建て・マンションの工事料金と工事方法

 

 

コミュファ光の料金体系(戸建て編)

 

コミュファ光も契約したプランや、戸建住宅と集合住宅の違いによって料金が異なります。まずは戸建住宅の場合から見ていきましょう。

 

戸建住宅では、速度の異なる3つのプランがあります。3つのプランはプロパイダ一体型とプロパイダ選択型のふたつに分類され、プロパイダ選択型の場合はプラン名に「セレクト」が付きます。
それぞれのプランでの月額料金は以下の通りです。

 

  • 1ギガホーム 5,550円
  • 1ギガホーム・セレクト 4,130円+プロバイダ料金
  • 300メガホーム 5,050円
  • 300メガホーム・セレクト 3,600円+プロバイダ料金
  • 30メガホーム 4,110円
  • 30メガホーム・セレクト 3,060円+プロバイダ料金

 

コミュファ光のキャンペーン

 

コミュファ光ではギガデビュー割というキャンペーンを行っており、1ギガホーム、1ギガホーム・セレクト、300メガホームで月額割引を受けることができます。割引額は契約してからの期間によって変わります。

 

1ギガホームでは

  • 12ヶ月目まで1,620円
  • 13ヶ月目〜24ヶ月目までは620円
  • 25ヶ月目〜60ヶ月目までは340円
  • 61ヶ月目〜96ヶ月目までは173円
  • 97ヶ月目以降は60円の値引き

 

300メガホームでは

  • 12ヶ月目まで1,070円
  • 13ヶ月目〜24ヶ月目までは505円
  • 25ヶ月目〜60ヶ月目までは253円
  • 61ヶ月目〜96ヶ月目までは101円の値引き

 

<長トク割> 

 

このギガデビュー割のほかに、長トク割という割引キャンペーンも行っています。ギガデビュー割は契約期間の浅い月の方が値引き額が多かったのに対し、長トク割では契約期間が長くなるほど割引き額が多くなっていくキャンペーンです。

 

割引額は2年目〜4年目まで5%割引、5年目〜7年目まで8%割引、8年目以降は10%割引です。

 

長トク割はすべてのプランで申込可能で、このキャンペーンはギガデビュー割との併用も可能です。ただし、3年ごとに自動更新されていき、更新時以外の解約は5,000円の違約金がかかってしまうのでご注意ください。

 

<導入工事費の扱い>

 

コミュファ光では工事費が25,000円かかりますが、月額700円の「安心サポート」というオプションに最低利用期間の3ヶ月間以上加入していると、工事費は無料になります。この安心サポートは最初の3ヶ月間は月額無料となっていますので、必要なければ3ヶ月で解約してもよいでしょう。

 

コミュファ光の料金体系(マンション編)

 

集合住宅の場合は、光回線の提供方式の違いで料金が分かれます。提供方式は棟内光ファイバー方式と棟内VDSL方式・棟内LAN方式に分類され、それぞれプロパイダ一体型とプロパイダ選択型に分かれます。

 

棟内光ファイバー方式には速度に応じて3つのプランがあり、月額料金は以下の通りとなっています。

 

  • 1ギガマンションF 5,550円
  • 1ギガマンションF・セレクト 4,130円
  • 300メガマンションF 5,050円
  • 300メガマンションF・セレクト 3,600円
  • 30メガマンションF 4,110円

 

棟内VDSL方式・棟内LAN方式の場合は以下の通りです。

 

  • 100メガマンションV/L 3,980円
  • 100メガマンションV/L・セレクト 2,980円

 

戸建住宅と同じく、プロパイダ選択型では別途プロパイダ料が必要となります。また、30メガマンションFにはプロパイダ選択型はありません。

 

割引に関しては、ギガデビュー割は戸建住宅限定のサービスであるため、集合住宅では使えません。長トク割は戸建住宅と同じように使うことができ、2年目〜4年目まで5%割引、5年目〜7年目まで8%割引、8年目以降は10%割引です。

 

 

NURO光とコミュファ光 どちらを選ぶべきか?

 

ネットのみの契約ならば速度が速く、料金も安いNURO光で問題ないように思います。ただし、NURO光ではネットと電話はありますが、テレビの地デジ対応ができません。詳細はeo光に対するNURO光の弱点に書いています。この記事のeo光をコミュファ光に変えても状況は同じです。

 

また、コミュファ光はテレビ、ネット、電話の3サービスを契約するとセット割が効き料金が大幅に落ちます。

 

ですので、既に地デジの設備がある等で、ネット(+電話)のみの契約ならNURO光。地デジやBS、CSのテレビ契約もまとめるのであればコミュファ光を選ぶのが得策かなと個人的には思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

NURO光を申し込むならキャンペーンを利用したい


NURO光 キャンペーン画像


NURO光を申し込む際は、キャッシュバックや工事料金が無料になるキャンペーンを利用して申し込む事をお奨めします。

キャンペーンを利用するかどうかで7万円前後の差が出ます。(キャッシュバック30,000円+工事費40,000円無料など)

また、キャンペーンも申し込み媒体によって変わりますので注意が必要です。